春の行事

義母への母の日のプレゼントにメッセージで印象アップ!

更新日:

ママの似顔絵

5月のイベントと言えば、「母の日」ですね!

今年はどんなプレゼントにしようかと悩むものですが、どんな物であれそこに「メッセージ」が一言添えてあれば印象がガラリと変わります。

自分のお母さんなら気軽にメッセージでも書けそうなものですが、義母となれば話は別。

これからも関係は続いていくし、失礼があってはいけないと何かと気を使ってしまいますよね。

母の日にプレゼントを贈るのはもちろん、そこにメッセージを一言添えてより良い関係を築いてみるためのコツと注意点を見ていきましょう。

メッセージの書き方の注意点!

お義母さんに母の日のメッセージを贈る場合に気を付けたいことがあります。

  1. お義母さんではなく「お母さん」と書く
  2. 旦那さんのことは○○さんと書く
  3. メッセージは手書きにする
  4. 文章は自分で考える

といったことに注意して書くと、お義母さんからの印象は良いものとなります。

義母との関係は人によってそれぞれですが、メッセージをもらう側の気持ちになって考えてみましょう。

義母という言葉は間違いではないかもしれないですが、どこか他人のような印象を受けますよね。

母の日を祝う気持ちを表現するのなら、お母さんと呼んでもらえた方がお義母さんも義理の母以上の関係を感じてくれているような気がして嬉しいハズです。

そもそも旦那さんにとってはお義母さんではなく、お母さんですから旦那さん目線でメッセージを書くのがコツですね。

お義母さんだと、嫁が一人で準備して旦那さんは無関係でいるような感じがしますし、旦那さんと一緒にプレゼントを考えたんですよという内容のメッセージを盛り込めば、嫁が義理で母の日の祝いをしている訳ではないと感じてもらえますよね。

それとメッセージは手書きで、内容は自分で考えた方が良いです。

もし、もらったメッセージが当たり障りのない、どこかでコピーしてきたような内容だったらどうですか?

きっとお義母さんは、「自分のことにはあまり関心がないんだなぁ」と残念に思ってしまうことでしょう。

そして手書きというのは最も重要です。

手書きのぬくもりは、パソコンで打ち込んだ活字では絶対に伝わらないものです。

気持ちを伝えたいのならメッセージは手書きでするべきですよ!

 

お義母さんへのメッセージ内容の考え方

いざお義母さんへメッセージを書こうとしても、なかなか内容が思い浮かばないものです。

母の日のメッセージは手紙のように長くなくても2~3行の短い文章でもいいですよ。

 

お義母さんへの母の日のメッセージを考える時のコツは

・普段感じているお義母さんへの感謝の気持ちを素直に伝えること

これだけで十分です。

お義母さんとの付き合いの程度にもよるのですが、何か感謝したいことは思い浮かびませんか?

例えば、

  • 子供と一緒に遊んでくれた
  • 何かを買ってもらった
  • 優しい声をかけてもらった
  • 嫁として大切なことを教わった

など、何でも良いです。

お義母さんが遠方で付き合いがない場合もあるでしょう。

そんな時は、近況報告を織り交ぜても構いません。

普段会えないお義母さんの息子(旦那さん)や孫の話をメッセージに盛り込んであげましょう。

大切なのは感謝の気持ちを伝えるということ

あなたとお義母さんとの関係が良好でなくても、母の日のプレゼントにメッセージを付けることは、とても大切なことです。

普段は嫌なことしか言わないお義母さんでも、愛する旦那さんのお母さんには変わりありません。

「お義母さんなんて嫌い!」って思っている人も、このページを見ているということはお義母さんに母の日のプレゼントをしてあげようと思っているということでしょう。

母の日とは、「お母さんに感謝の気持ちを伝える日」です。

普段、お義母さんとうまくいっていない人も母の日で気持ちを伝えることで、お義母さんとの関係が良くなるかも知れません。

母の日がチャンス!という気持ちでメッセージを考えてみましょう。

まとめ

お義母さんへの母の日のプレゼントに添えるメッセージについてまとめましょう。

  • メッセージの内容は短くても良い
  • お義母さんではなくお母さんと書く
  • メッセージは手書きで書く
  • メッセージ内容は自分で考え、普段の感謝を素直に伝える
  • 遠方で付き合いがない場合は、旦那さんやお子さんの近況報告でも良い

お義母さんと良い関係を築いている人は少ないと思いますが、お互い嫌い同士ではこれから続く2人の関係は全然楽しくないですよ!

母の日がお互いの気持ちが歩み寄れる良い機会になるように、プレゼントに手書きのメッセージで普段は言えない気持ちを伝えてみてはどうでしょうか?

-春の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.