健康

花粉症の症状は?対策は?鼻水やくしゃみの症状では?

投稿日:

花粉症

目のかゆみ、くしゃみ、鼻水や鼻づまりなどの症状が現れたら、花粉症かもしれません。テレビやインターネットの気象情報で、花粉情報を調べることができます。

2月末から春にかけて、花粉が飛ぶ時期になったら、マスクやメガネや服装で花粉対策をします。

洋服についた花粉は外で払い、室内に花粉を入れないようにしましょう。定期的に室内の掃除をして、家の中の花粉を減らすことがポイントです。

花粉症の対策

テレビやインターネットの気象情報で、花粉情報をチェックできます。花粉が多い日には、できるだけ外出を控えるようにしましょう。

外出する時には、マスクやメガネを着けて、コートはつるつるした生地のものを着るようにします。帰宅したら家に入る前に花粉を払い落とし、室内に持ち込まないようにしましょう。

家の窓はきちんと閉めて、外の花粉が家に入らないようにします。

毎日きちんとシャワーを浴びるなどして、花粉を洗い流し、定期的に手洗いとうがいをするようにしましょう。

 

花粉の飛散が多いのは、以下の天気や時間帯です。

  • 午後1時から3時ごろ
  • 天気が晴れか曇りの天気
  • 気温が高い日
  • 湿度が低い日
  • 前日が雨だった次の日
  • 強い南風が吹いた後で、その後に北風に変わった時

 花粉症の症状

花粉症の症状には、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがあります。花粉症の初期症状は、風邪の症状とよく似ているので、区別がつきにくことがあります。

2月末から春にかけて花粉が飛ぶため、花粉症の症状が出やすくなります。一度花粉症になると、毎年のように花粉に反応しやすくなります。

 

目のかゆみは花粉症独特の症状なので、風邪ではない可能性が高いです。

目がかゆくなりますが、目をこすりすぎると結膜や角膜を傷つけることがあるので、気をつけましょう。

花粉症の鼻水は、さらさらしていて無色透明なのが特徴です。花粉症のくしゃみは、何回も続けて出ることが多くあります。鼻づまりがつらいのも、花粉症の特徴の一つです。

 

春先の花粉が飛びやすい時期に、目がかゆくなったり、くしゃみが出たり、鼻水や鼻づまりなどの症状が出たら、花粉症です。

花粉症の予防

花粉が飛びやすい時期になったら、花粉症の症状が出るのを予防しましょう。

部屋の窓は閉めて、外の花粉が室内に入らないようにします。家の中にも花粉は入っているので、定期的に掃除をして花粉の量を減らしましょう。

布団は布団乾燥機などを使用して、外に干さないようにしましょう。夜寝る時に花粉症になってしまいます。

布団や洗濯物を外に干す時には、花粉が比較的少ない午前中にほすようにしましょう。外に干した洗濯物は、手ではたくなどして花粉をしっかりと落としましょう。

 

毎日必ずシャワーを浴びて、体についた花粉を洗い流します。フローリングやベッドの上など、濡れた布などで拭くことで、花粉をふき取ることができます。

空気清浄機を使うと、効果的に室内の花粉を減らすことができます。花粉症の症状を予防するためには、外の花粉を持ち込まないように、室内の花粉を減らすことがポイントなのです。

まとめ

初めて花粉症の症状が出てきたときには、風邪の症状と似ているため、区別がつきにくいかもしれません。

2月から春にかけて、目のかゆみやくしゃみがひどくなってきたら、花粉症になったのかもしれません。

気象情報などで花粉の飛散量などを、確認するようにしましょう。

一度花粉症になると、毎年のように症状が現れることが多いですから、花粉対策を十分にする必要があります。

外に出るときは、花粉に触れないように服装の対策をしましょう。

家に花粉を持ち込まないように、室内の花粉を減らすようにすることが、大切なポイントです。

-健康

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.