妊娠線

妊娠線に一番効果的なレーザー治療の価格はトータルいくら?

更新日:

shutterstock_198414131

妊娠線を消すために最も効果的な方法にレーザー治療があります。レーザー治療は肌のトラブルに多く活用されていて、妊娠線もきれいに消すことができるので妊娠線ができてしまってどうしても消えない場合、最後の手段としてレーザー治療を選びます。

しかしレーザー治療は保険が効かない治療なので、どれだけ費用がかかるか気になるものです。ここでは妊娠線をレーザー治療で消す場合の価格について調査してみました

 

レーザー治療の種類

レーザー治療にはいくつか種類があります。

妊娠線に一番効果的なレーザー治療はどれということはなく、効果には個人差があるので医師の診断を受けて適切なレーザー治療を行うことが重要になりますが、クリニックによって行っているレーザー治療が異なりますので事前に調べてからクリニックに相談しましょう。

 

ここでは代表的な妊娠線治療に使われているレーザー治療の種類を紹介します。

サーマクール法は高周波を出しその高周波によっておこる熱を利用してコラーゲンの量を増加させ妊娠線を消していきいます

フラクセルレーザーは熱により自己再生効果を高める働きで妊娠線を消す方法となっています。

この他にもヤグレーザーという方法やクールタッチという方法も代表的なレーザー治療になっています。

色々と種類がありますが、基本的に新しい皮膚に生まれ変わらせるために皮膚の再生を促進する効果で妊娠線を消していくという方法になっています。

 

レーザー治療の価格

妊娠線をレーザー治療で消したいとき、どの程度の費用がかかるかというと妊娠線の範囲やクリニックによって価格が変わってきますが、一般的な価格としてレーザー治療の価格を紹介します。

レーザー治療にはいくつか種類がありますが、一般的に一回のレーザー治療で1万円から3万円というところが多くなっています。

一回のレーザー治療で妊娠線が消えることは珍しく、基本的に何度かレーザー治療を行い徐々に妊娠線を薄くしていき消すということになりますので、気にならない程度まで妊娠線を消すためには平均的に15万円から20万円ほどかかるというのが多いようです。

 

もちろん薄い妊娠線を消すのであれば、これより費用が少なることも多く、逆に広い範囲にできたのであれば費用も高くなってしまうことがあります。

平均なレーザー治療の回数は5回程度で一度レーザー治療を受けると2週間から3週間ほど間を開ける必要があります。

もちろんクリニックによって価格差がありますので、これより安いからダメというわけでもなく、高いから良いというわけでもないのでしっかりとしたクリニック選びが重要となります。

 

レーザー治療の効果

レーザー治療は妊娠線を消す方法として一番早く効果が現れるのですが、その分費用が高額になる場合もあります。

また費用を安く抑えたいからといって、価格だけで選んでしまうと妊娠線が消えないだけでなく肌にダメージを負ってしまう危険性もあるので事前の十分な調査と十分な注意が必要です。

早く妊娠線を消したいからとレーザー治療を選んでも、妊娠線ができた範囲などによっても異なりますがレーザー治療で妊娠線が目ただなくなるまでにかかる期間は平均して2カ月くらいはかかりますので、夏前までに妊娠線を消したいといった理由がある場合は目安より早めにクリニックに通うことをオススメします。

 

レーザー治療ですべての人の妊娠線が消えるわけでもなく、肌の弱い人のなかにはレーザー治療が受けることができない場合もあるのであらかじめ十分なカウンセリングを行ってから行うことが大切になります。

費用はかかりますが、自宅でコツコツとケアをするのが苦手な人や気になって仕方なく早く妊娠線を消したいという場合にはレーザー治療が一番効果的になります。

-妊娠線

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.