ワセリン

ワセリンの種類は?種類別の用途と効果効能のまとめ

投稿日:

・ワセリンの種類にはどのようなものがあるのでしょうか?
・種類ごとにどのような商品があるのでしょうか?

購入前に知っておきたいところでしょう。自分のニーズに合ったものを選ぶためにはしっかり把握しておかなければなりません。純度の低い順から黄色ワセリン・白色ワセリン・プロペト・サンホワイトになりますが、ここではワセリンの種類ごとにどのような商品があるのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

黄色ワセリンならヴァセリン

黄色ワセリンはワセリンの中でももっとも純度が低いのが特徴です。そのため不純物による接触性皮膚炎を生じる可能性があるので注意しましょう。ただ肌にワセリンを塗ると油膜によって水分蒸発を防ぐ作用を持ち合わせているという点は、純度の高いワセリンと変りません。ひび・皮膚の荒れ・保護などに使用するのがベストでしょう。

 

丸石製薬などから軟膏基材として売られている黄色ワセリンがありますが、個々のスキンケアで人気の商品はヴァセリンでしょう。インドからの正規輸入品は不純物が含まれているため、酸化防止剤の酢酸トコフェロールとBHTが含まれていますので日持ちするのが魅力です。

 

いろいろな物質が含まれているためデリケートな肌の方は刺激を感じてしまうかもしれません。日常のスキンケアに用いるには問題ありませんので様子を見ながら使いましょう。

スポンサーリンク

2種類ある。白色ワセリン

白色ワセリンには2種類あって医療目的か、美容目的かでどれがベストなのかが変わってきます。美容目的で販売されているものはごくわずか不純物が残っている商品で、医薬部外品の扱いになります。中には医療レベルのクオリティを持つものもあるのが特徴でしょう。

 

医療目的の白色ワセリンは日本薬局方の基準に適合しており第3類医薬品に分類されていています。健栄製薬や大洋製薬などあらゆる製薬会社で作られているのが特徴でしょう。極めて純度が高く薬局やドラッグストア・処方箋のみでしか購入できないのが特徴です。

 

大洋製薬でも日本薬局方の白色ワセリンの製造がされていますが、化粧品保湿剤としてワセリンHG(ペトロリュームジェリーHG)も製造されています。ただ薬局方の白色ワセリンと比較すると値段が高く高精製されていることから、薬局方のワセリン以上のクオリティを持っています。まれにこのようなこともあるので購入するときはスタッフに相談すると安心ですよ。

スポンサーリンク

プロペトは1種類のみ

極めて純度の高い白色ワセリンですが、もし肌トラブルを起こしてしまった場合におすすめなのがプロペトです。白色ワセリンをさらに精製しているため純度が高く肌の弱い方でも安心して使えますよ。医療用白色ワセリンと同じく第3医薬品に指定され日本薬局方の基準に適合している商品なので安心して使えます。

 

他のワセリンはいろいろな種類があるのに対し、プロペトは丸石製薬でしか販売されていません。肌の水分蒸発を防ぐ作用は黄色ワセリンや白色ワセリンとも変わりませんが、軽い使用感で伸びがよくベタつきが少ないことから使いやすさも魅力でしょう。白色ワセリンと同じく薬局・ドラッグストア・処方箋のみでしか購入できないのも特徴です。

 

ワセリンの中でもっとも高品質なサンホワイト

サンホワイトもプロペトでトラブルを起こしてしまった方におすすめのワセリンです。数あるワセリンの中でも純度がトップであることから、敏感な肌の水分蒸発を防ぐケアに役立つでしょう。プロペトでも十分高精製されていますが、それでも不純物に反応して接触性皮膚炎を引き起こしてしまう方におすすめです。

 

伸び・軽さなどの使用感はプロペトを上回りますが、人によってはそれほど変わらない方もいることに注目しましょう。サンホワイトはもっとも純度が高いにも関わらず医薬部外品であるのが特徴です。その理由は保険適用にしてしまうと採算が合わなくなってしまうためなのです。よってサンホワイトはどのワセリンでも合わない場合のみおすすめしたいワセリンと言えます。

 

まとめ

  • 黄色ワセリンは健康な肌のケアに最適
  • 白色ワセリンは医療用と美容用があり、純度に差がある場合も!
  • プロペトはデリケートな肌におすすめ。サンホワイトはワセリンの中でトップの純度

4種類のワセリンですが、自分の用途や肌質に合わせて使うのがオススメです。また同じ種類のワセリンでもいくつか種類があるのでぜひチェックしてみましょう。健康な肌の顔以外のケアは黄色ワセリンで十分ですが、顔のケアや肌トラブルを抱えている方は医療用白色ワセリン以上をおすすめします。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.