片頭痛

片頭痛が治らない?片頭痛が起こるタイミングとは?

投稿日:

片頭痛は20代から30代に多い頭痛と言われています。この鋭い痛みの原因は、脳の血管の拡張によるものですが引き金となるものには個人差があります。

何をしても治らないと悩む人の多くは『自分の片頭痛が何故起こるのか』理解していない事が多いようです。これを理解すれば、片頭痛の治療も楽になり嘘のように引いてしまいます。

 

治らない頭痛はない

風邪を引いたり、ストレスを感じると頭痛を感じます。私も肩こりやストレスで度々片頭痛に悩んでいました。我慢できない頭痛は、市販の頭痛薬で治まる時もあれば、一向に治まらない事があります。

特に目の前がチカチカすることはないのですが、首から頭にキーンとする痛みが起こります。市販薬を飲む回数が増えてくると、胃腸の調子も悪くなるのでこれはマズイと頭痛外来に診察を受けにいきました。

頭痛外来で診察を受けると、上半身のコリが原因で血行が悪くなり片頭痛が起きると診断されました。緊張性頭痛と、ストレスからくる片頭痛のミックスの為に鎮痛薬を処方されました。

 

片頭痛が起きる前の行動

鎮痛剤では痛みが起こってからのものしか治らないので、片頭痛が起こった時に『何をしていたか』をチェックしていきました。

私の場合には、『面倒な事を始めるとき』に片頭痛が起こりやすいようで、鎮痛剤を飲んで休んでも治らない事も多いのです。完全にストレスから起きる片頭痛です。片頭痛が起きる前には、首から肩がいきなり重くなり、片側に鈍い痛みが起こるのです。

そこで、この予兆が起きた時には仕事を一旦中止してリラックスするようにしてみたのです。

 

片頭痛が起こるタイミングを掴むこと

人により、食べ物や音、光が引き金になる事もあります。このように自分の引き金になる事柄を特定できれば、安静にし痛みを引き起こさないようにも出来ます。

頻繁に頭痛を感じ、それが片頭痛である場合には薬では治ることは少ないのです。最初は頭痛薬で治っても、身体の不調が原因であればそれを取り除かなくては治まらなくなります。

 

片頭痛は脳の血管が何等かの原因で拡張していまう為に起こります。治らない原因を、調べることが一番の治療になりますし、生活習慣を見直して治る人もいます。

特に喫煙は血液を汚してしまい、血管の収縮や拡張を引き起こす大きな原因です。これに飲酒が加わればなおさらのこと。

 

ストレス解消だと、自分に甘くしていることが片頭痛の原因になる事もあります。治らないと諦めるよりも『これが悪いのではないか』と思われる要因は自分が一番分かるもの。

それを取り除いていけば、楽にもなったり片頭痛の回数が減ることもあるのです。『もしかしたら』と思い当たる事は改善する。これが治らない片頭痛を治る片頭痛にしていくのです。

 

まとめ

片頭痛は治らないと、諦めるのは早いと思いませんか?

薬での治療は、身体の症状を楽にするためのものです。それ以外にも、痛みの発症の元になるものを取り入れないようにするのは自分自身なのです。

自分でチェックする事で、片頭痛から解放される事もありますから治らないと諦めずに出来ることは積極的にやっていきましょう。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.