健康

ノロウイルスに感染?どんな症状?予防法は?感染したら?

投稿日:

ノロウイルス

ノロウイルスに感染しやすいのは、空気が乾燥しやすい冬場で、11月から2月頃の時期です。

感染すると、下痢、嘔吐、発熱、腹痛などの症状が現れます。感染して症状が出てきたら、すぐに医療機関へ行き診断を受けましょう。

トイレや料理の後には、必ず石鹸で手を洗い、感染の拡大を防ぎましょう。十分な水分補給を行なって、脱水症状を防ぐように心がけましょう。

ノロウイルスの症状

ノロウイルスは、ウイルス性食中毒と呼ばれる感染症です。

感染者数が年々増加傾向にあるウイルス性食中毒で、危険性があると指摘されています。感染すると半日程度で、嘔吐や下痢などの症状を発症することがあります。

発熱することもありますが、一般的には2~3日ほどで徐々に回復します。通常はまず微熱が出て、その後に吐き気と嘔吐、腹痛症状を発症します。

ノロウイルスの症状は数日で治り、後遺症も少ないのが特徴です。場合によっては、感染しても軽い風邪のような症状や気持ちが悪い程度で終わります。

呼吸器系の症状や脱水症状、痙攣などの症状が現れることもあります。

 

以下は、ノロウイルスの主な症状をまとめたものです。

  • 吐き気の症状
  • 嘔吐の症状
  • 発熱(微熱や高熱)の症状
  • 腹痛の症状
  • 下痢の症状
  • 脱水症状

ノロウイルスの予防

ノロウイルスは、人からの感染と食品から起こる食中毒があります。

ノロウイルスが最も感染しやすいのは冬場の時期で、学校での集団感染などのニュースはたいていが冬になってからです。

冬場には空気が乾燥するので、ノロウイルスが発生して感染しやすくなります。また冬場にノロウイルスが発生する理由に、市場で売られる食用の生牡蠣が感染の原因となるのです。

十分に加熱されないままに貝を食べると、ノロウイルスが胃腸内で増殖して食中毒を起こすのです。そのため、十二指腸や小腸内の細胞でウイルスが増殖して、急性胃腸炎となるのです。

ノロウイルスの特徴は全て口からの感染で、空気中のウイルスを吸い込むことで感染します。

感染している人の糞便や嘔吐物が感染源になることもあるため、適切な処理をして消毒をするなどの対策が必要です。

 

家庭においては、食器や食材がウイルスの感染源になることがあるため、細心の注意が必要です。

ノロウイルスは、塩素や熱に対しては強く、死滅しにくいウイルスであることも特徴です。加熱調理をしても、60度くらいの温度ではノロウイルスは死滅しないで、注意が必要です。

ノロウイルスに感染したら

ノロウイルスの感染後の潜伏期間は、1日から2日くらいです。ノロウイルスに感染したら、すぐに医療機関に行きましょう。

下痢の症状が現れることがあるため、脱水症状を予防するために十分な水分補給が必要です。栄養が不足してしまうため、水分と共に栄養の補給も心がけましょう。

トイレに行った後に、必ず石鹸でしっかりと手を洗うことが重要です。料理をしたり食事をする際にも、石鹸で手を洗いましょう。

ノロウイルスに感染したら、トイレや料理などから感染を広げないようにすることが重要です。

仮に感染しても数日で回復し、後遺症が残ることは少ないですから、ゆっくり休んであまり心配して大騒ぎしすぎないようにしましょう。

まとめ

空気が乾燥しやすい冬場になったら、定期的に石鹸で手洗いをして、ノロウイルスの感染に気をつけましょう。

特に冬場に生牡蠣や二枚貝を生で食べる時には、要注意が必要です。できるだけ十分に加熱して、ウイルスを死滅させるようにしましょう。

ノロウイルスに感染したら、まずは医療機関へ行き、見てもらうようにしましょう。ノロウイルスは集団で感染することがありますから、感染した人の近くには行かないのが安全です。

-健康

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.