水疱瘡

潜伏期間を狙い撃ち!水疱瘡の症状を軽く済ます裏ワザ!

投稿日:

全身に現れる発疹、水膨れ。それに伴う強いかゆみ。何より周囲へ感染させてしまう危険のある水疱瘡。

実はこれらの辛い症状を軽く済ませる方法があります。

まだ水疱瘡にかかっていないお子さんをお持ちのお母さんや、大人で水疱瘡を経験されてない方は必見ですよ!

スポンサーリンク

症状を軽くするためにいつから水疱瘡の治療を始めるべきか

水疱瘡はその強い感染力から、外出の制限をされます。

保育園に行っている小さいお子さんなら看病する人も家を空ける訳には行けませんし、仕事をしている人であっても休まざるをえません。

そんな生活に支障をきたす水疱瘡の症状を軽く済ませることができれば、それだけ外出の制限の期間も短くなりますし、症状に苦しむ期間も短くなります。

では、水疱瘡はいつから治療を開始するのが効果的なのでしょうか?

それは、症状が体に出る「潜伏期間」のうちからです。症状が出る前からどうやって水疱瘡にかかっているかを判断するのかと疑問に思われたことでしょう。

確かに外見からの判断はほぼできません。初期症状も発熱や体のだるさと言ったありきたりなものばかりで水疱瘡と断定する要素はほぼありません。

しかし、水疱瘡の強い感染力を逆手にとれば感染しているのではないかという予想を立てる事ができるのです。

水疱瘡の感染力は「すれ違うだけで感染する」と言われるくらい強いもので、同じ空間にいる人の90%は感染していると言ってもいいくらいです。

つまり、周りに誰か一人水疱瘡にかかっている人がいた場合、自分にも感染しているという事を考えられるということですね。

では、水疱瘡に感染しているかもしれないと予想できた次にするべき手段は何でしょう?

スポンサーリンク

水疱瘡の潜伏期間には予防接種が効果てきめん!

予防接種とは通常は、病気にかからない為に受けるものです。

しかし、水疱瘡に関しては感染してからでも効果があると報告されており、ウイルスに感染してから72時間以内であれば、その予防率は80%!

万が一、水疱瘡の症状がでたとしても軽症で済む事が多いとされています。

水疱瘡の症状が出る前に予防接種を受けて、できるだけ多く抗体を体に作ることで症状を軽くさせようということですね。

感染してから予防接種を受ける事に抵抗を持たれる方が多いですが、これは「緊急接種」といわれるもので、水疱瘡の潜伏期間の治療ではよく用いられるものですので安心してください。

 

そもそも水疱瘡にかからないために

緊急接種という手があるとはいえ、そもそも水疱瘡にかからないように準備しておくことが一番大切です。

水疱瘡の予防接種は平成26年度より定期接種になっており、1歳から3歳未満のお子さんなら無料で受ける事ができます。

大人の方でも、有料ではありますが受ける事はもちろんできます。

特に大人になってからの水疱瘡は重症化しやすいですので、まだ受けていない方は是非受けておく事をおすすめします。

 

おわりに

水疱瘡の症状は辛いものですが、お子さんでは90%が重症化することなく治ります。

しかし、中には脳炎や髄膜炎といった重篤な症状がでる場合がありますので予防接種を受ける機会があれば必ず受けておいてくださいね。

緊急接種はあくまで緊急で行うものです。今回紹介したのは裏ワザ、つまり緊急手段といってもいいでしょう。

でも、万が一の時のためにもしっかり覚えておいてくださいね。

 

 

-水疱瘡

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.