女性ホルモン

女性ホルモンを増やすメリット、デメリットとは?

投稿日:

巷では「女性ホルモンが増えると、女性らしくきれいになれる」と言われていますよね。

これは一方で正しく、一方では間違っているのです。それはどういう事なのでしょうか?

今からお話しさせて頂きますね。

スポンサーリンク

女性ホルモンの種類と働きとは?

エストロゲンの働き

エストロゲンは別名「美のホルモン」と呼ばれています。

その名の通り、エストロゲンが多く分泌されている間は、エストロゲンに含まれるコラーゲンのおかげで肌や髪につやが出てきます。

また、皮下脂肪を増やす働きがある為、バストや腰回りに適度な脂肪がついて女性らしい体付きになります。精神的にも安定し、穏やかになって活き活きと過ごすことが出来ます。

 

エストロゲンが多く分泌される時期は、生理周期で言いますと卵胞期と呼ばれる時期で生理開始頃から排卵日頃までの間です。この時期は体調が良い女性が多いのですが、エストロゲンのおかげと言ってもいいでしょう。

エストロゲンはまさに女性にとって嬉しいホルモンなのです。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンは別名「黄体ホルモン」「妊娠ホルモン」と呼ばれているホルモンです。生理周期で言いますと、排卵日頃から生理開始頃までに多く分泌されます。

エストロゲンが女性に様々な恩恵をもたらしてくれるのに対し、プロゲステロンは不調が起こりやすい時期でもあります。

プロゲステロンが多く分泌される時期は胃腸の働きが悪くなるので、胃痛や胃もたれ、便秘や下痢などの症状が出ることがあります。また、下腹痛や腰痛などもあります。精神的にもイライラしがちになります。

 

生理前症候群(PMS)という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。これは主にプロゲステロンが原因という専門家もいます。

このように女性の体に様々な不調が起こりやすいプロゲステロンですが、妊娠するためには非常に重要なホルモンなのです。この時期は不調が出てもある程度仕方がないですね。

スポンサーリンク

女性ホルモンが増えることのメリットとは?

女性ホルモンの分泌が適度に増えると、女性の体は大変よい状態になります。

よく言われているのが「エストロゲンの分泌が増えるときれいになる」ですよね。これは当たっていると思います。エストロゲンは前述した通り、女性が女性らしくあるためのホルモンです。分泌が適度に増えますと、単純に考えても女性らしさが強調されますよね。

 

一方、プロゲステロンが多く分泌されると、体には不調が出るかもしれませんが妊娠しやすくなります。プロゲステロンは、子宮内膜を維持し受精卵が着床するのを助ける役割があるからです。

また、エストロゲンとプロゲステロン、この2つのホルモンのバランスが上手に取られていると、生理周期も整い妊娠しやすくなります。

 

女性ホルモンを増やすデメリットとは?

いくら女性ホルモンが女性にとってよい影響とはいえ、闇雲に増やせばいいというわけではありません。

食事やホルモン療法など、確かに女性ホルモンの分泌を増やす手段はあります。しかし、エストロゲンが増えすぎると、太りやすくなったり増えすぎることで逆にホルモンのバランスが悪くなり、月経に異常が出たり、最悪の場合子宮がんや乳がんなどの、女性特有の病気になるリスクが上がったりするのです。

また、プロゲステロンの分泌が増えすぎると、体にあらわれる様々な不調がより強くなってしまいます。

このように、女性ホルモンが増えすぎてもデメリットはあるのです。

おわりに

いかがでしたか?

女性ホルモンを増やす、増えることで起きるメリットとデメリットがお分かり頂けたと思います。この2つのホルモンはバランスがとても大事なのです。

特にエストロゲンが与える影響は大きいものです。ネットの情報に惑わされることなく、女性ホルモンの分泌はほどほどに、適度な量がちょうどよいのです。

闇雲に増やそうと頑張らないことが大切です。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.