シミ

シミそばかすにクリーム?ハイドロキノンクリームの体験談!

投稿日:

昔からそばかすだらけの顔がコンプレックスで色んな方法を試してきました。
現在は40代ですが、30代前半にであったハイドロキノン配合の美白クリームと市販の内服薬の併用で気になっていたそばかすが大分薄くなってきています。
年齢的なものもあるのかもしれないですが、日頃から紫外線対策にも気を使い、スキンケアもそばかすがひどくならないように気をつけながらお手入れしている成果が出ているのかなと思います。
今、そばかすで悩んでいる20代、30代の方もお手入れ次第で今よりも少しでもそばかすを改善する事ができたら良いと思いますので、私の体験を紹介させて頂こうと思います。
少しでも参考になると嬉しく思います。

 

そばかすを隠すためのメイク

10代から20代にかけては、美容に知識もさほどなく、今のようにインターネットで手軽に色々と調べられる時代でもなかったのでとにかくケアをするというよりもメイクでそばかすを隠す事に全力を尽くしていたという感じでした。
ただ、このメイクで隠すというのが良くなったみたいで、コンシーラやリキッドファンデーションで圧塗りしてそばかすを隠そうとした結果、毛穴を埋めるようなメイクになり、常にニキビや肌荒れが起きているような状態になってしまっていました。

そばかすだけでも嫌だったのに、肌自体が荒れてしまって今思えば肌が一番キレイな時期を本当にムダに過ごしてしまったなと感じています。
そばかす自体も先天的なものに後天的な要因でできたそばかすが加わってしまって、減るどころか増えてしまっていました。

 

ハイドロキノンクリームとの出会い

20代後半になって、ようやくスキンケアの重要性に気がつき、まずは皮膚科に行きました。
最初は自己流で色々な美白成分が配合されたアイテムを使っていたのですが、肌が弱かった事もあってなかなかキレイにはなりませんでした。

30代になって、もうセルフケアではどうにもならないと思い、皮膚科で相談したところハイドロキノンという成分が配合されているクリームタイプの薬を処方してもらいました。
ハイドロキノンは美白作用の強い成分なので副作用などもあるとの事で、皮膚科で自分の肌に合った配合量のものを処方してもらいました。

私も最近になって知ったのですが、ハイドロキノンは当時は医療機関でしか処方してもらう事ができない成分だったみたいです。
ただ、今は市販薬にも配合されるようになって、より手軽に使用できるようになっていますね。

 

ハイドロキノンクリーム使用上の注意

私の場合は、医師の診断を受けて用量をきちんと調節してもらったものを使用したので、特別副作用というものはでませんでした。
ただ、最近は市販のものも多くなってきていますので、皆さんが自己判断で使用する際には副作用に十分に注意して使用する事が大切だと思います。

特に注意が必要なのが、白斑(はくはん)という副作用です。
ハイドロキノンの濃度が高すぎるとメラニン色素の生成を抑制し過ぎてしまい、肌の色が抜けたような状態になってしまう事があります。
これが白斑と呼ばれる症状です。

市販薬でも4%以下の配合量であればさほど心配はないとされていますが、念のため使用前にはパッチテストを行うなどしてよく注意して使用した方が良いでしょう。

 

まとめ

私のように肌が弱い人の場合は、皮膚科などで医師に診断してもらってから処方されたものを使用した方がより安心です。
市販薬の場合は、5%という高濃度でハイドロキノンが配合されているものもありますが、特にこのように高い濃度のものを使用する場合には白斑点以外にも炎症などにも注意が必要です。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.