冬の行事

寒中見舞いハガキの出し方!喪中や年賀状のお返事に?

投稿日:

年賀状

寒中見舞いとは、冬の最も厳しい季節に相手の健康を気遣い、自分の近況を伝えるためのハガキです。

松の内が過ぎてから、1月7日から2月4日までに出すことができます。喪中で年賀状が出せなかった時に、挨拶状として出すことができます。年賀状のいただいた返事として、寒中見舞いを送ることができます。

年賀状とは異なる、冬の風物詩を感じられるようなデザインを選んで、爽やかな寒中見舞いを出すようにしましょう。

寒中見舞いって何ですか?

寒中見舞いとは、寒さが厳しい季節に相手の健康を気遣う便りのことです。寒中見舞いを送ることで、相手の体調だけでなく、こちらの近況を伝えることができます。

寒中見舞いは、手紙やハガキなどの書面で出すことができます。冬のこの季節は風邪が流行する時期で、家にこもりがちなので、相手を気遣うのです。

無地のハガキは寂しいので、お花や冬の風物詩などのイラストが入ったハガキを選ぶと、温かい雰囲気になります。

 

寒中見舞いに、余った年賀状を使わないようにしましょう。寒の入りである1月5日から、立春の前の日である2月4日までに出します。

1月1日から1月7日までが松の内と呼ばれていますから、1月7日以降に着くように出すと良いでしょう。

寒中見舞いは、1月5日以降に出すか、遅くとも1月末までに出すようにしましょう。

寒中見舞いは喪中でも出せるの?

先方や自分が喪中であっても、寒中見舞いを出すことができます。

寒中見舞いは相手を気遣い、自分の近況を伝える挨拶状なので、喪中とは関係なく出すことができるのです。

喪中で年賀状が出せなかった時に、挨拶状として寒中見舞いを送ることができます。

喪中に出しても良いとはいえ、相手を気遣う挨拶状ですから、相手の気持ちを考えたデザインの寒中見舞いを出すようにしましょう。

 

新年であるとはいえ、先方が喪中である時には、あまりに明るすぎる内容の挨拶状は送らず、文章に気遣いが表れるようにしましょう。

喪中である場合は派手すぎるデザインは避けて、知人や友人であっても、ある程度フォーマルな文体でまとめるようにします。

年賀状やお正月のようなデザインは避けて、冬の風物詩を感じれるようなデザインを選ぶとさわやかな寒中見舞いになるでしょう。

寒中見舞いは年賀状のお返事?

寒中見舞いは、喪中の方への年賀状の代わりに、挨拶状として出すことができます。また年賀状をいただいた方への挨拶状として、寒中見舞いを送ることができます。

年末年始を海外で過ごして年賀状の返事が出せなかった時は、この寒中見舞いを利用すると便利です。年賀状は松の内と呼ばれる1月7日までに出しますが、寒中見舞いは1月7日以降に届くように出します。

 

寒中見舞いは年賀状ではありませんから、年賀状とは異なるデザインが必要です。

寒中見舞いには、十二干支のイラストや日の出などの正月をイメージさせるデザインは使用しません。寒中見舞いであれば、冬の風物詩を想像させるような、花や風景、子供の写真などをデザインとして入れることができます。

あまり派手になりすぎないように、さわやかな雰囲気でまとめましょう。

まとめ

寒中見舞いは、冬の最も厳しい季節に相手のことを気遣い、自分の近況を伝えるためのハガキです。

喪中のために年賀状が出せなかった方にも、挨拶状を送って気遣うようにしましょう。年賀状をいただいた方にも、挨拶状として寒中見舞いを出すことができるでしょう。

冬の風物詩を取り入れたイラストで寒中見舞いのハガキを作成すれば、とてもさわやかなイメージの挨拶状になります。

寒中見舞いを上手に活用して、お世話になっている方々への気遣いを示すようにしましょう。

-冬の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.