ワセリン

ワセリンは薬局でしか買えない?プロペトやサンホワイトの入手方法

投稿日:

ワセリンは薬局でしか買えないのでしょうか?

ワセリンにはいくつかの種類がありますが、種類によって入手方法が違います。薬局で買えるものもありますが、中には処方箋で購入できるものもあるので、あらかじめチェックしておくといいでしょう。

ここではワセリンの入手方法についてまとめました。

スポンサーリンク

ワセリンの種類

全部で4種類あるワセリンですが、大きな違いは純度です。黄色ワセリン→白色ワセリン→プロペト→サンホワイトと順に純度が高くなっているのが特徴でしょう。純度が低いものは接触性皮膚炎を引き起こす可能性があり、肌質によっては使用を避けたほうがいい場合もあります。

 

現在のワセリンはほぼ安心ですが、オイルに含まれている不純物によって油焼けを引き起こしてしまう可能性がないとは言い切れません。特に黄色ワセリンは他のワセリンに比べると純度が低いので注意が必要です。

 

また純度の違いの他に、ワセリンの色や使用感の違いも感じられます。黄色ワセリンは不純物が多いぶん黄色くて、サンホワイトは白色をしています。使用感も黄色ワセリンはベタついていますが、純度が高くなるにつれて伸びがよく使い勝手がいいのが特徴でしょう。

 

また黄色ワセリンは一番値段が安く、サンホワイトは高いです。基本的にワセリンの入手方法は薬局などの市販品として購入する方法と、処方箋として手に入れる方法があり、処方箋が適用される場合は安く購入できます。ここからはこの2つのパターンで手に入れる方法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

黄色ワセリン・サンホワイトの購入は薬局のみ

黄色ワセリンとサンホワイトは医薬部外品としてあらゆるお店で取り扱っています。よって処方箋として購入できません。黄色ワセリンは雑貨・化粧品扱いになり安く購入できるのが魅力です。しかし皮膚トラブルなどの治療に用いるのには純度が低いので、おすすめできないという特徴があります。あくまでも医療用としてふさわしくないので注意しましょう。

 

サンホワイトはワセリンの中でもっとも純度が高く使用感がいいのですが、医薬部外品なので医療用としての扱いにはなりません。その理由は医薬品として流通させてしまうと採算が合わないからです。人によっては医療品扱いになるプロペトとそれほど使用感が変わらないという方もいます。やわらかさ・伸びともにもっとも良質で、純度が高いのが魅力でしょう。

 

ただサンホワイトは寒さで硬くなりやすいので、手の平で温めてから使うと伸びがよくなりベタつきも軽減されます。ただ使用感がいいからとたっぷりつけすぎてしまうとテカりの原因になってしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

処方箋扱いで買えるワセリン

医療機関の処方箋扱いで買える白色ワセリンとプロペトは、どちらも薬局・ドラッグストアで購入できます。プロペトは白色ワセリンを精製したもので、敏感肌や赤ちゃんの肌にも安心して使えるのが特徴でしょう。市販品・処方箋ともに丸石製薬の製造になります。

 

白色ワセリンには2種類あって、医薬品扱いになるものと、雑貨・化粧品扱いになるものがあります。医薬品扱いになるものは日本薬局方の基準を満たした、第3類医薬品扱いになるものです。

 

皮膚トラブルへ使用しても大丈夫なように肌へ負担をかけてしまう成分はいっさい使用していないため、目のまわりや赤ちゃんなどにも安心して使用できます。もちろん市販品も医療機関で処方される白色ワセリンも医薬品扱いになることは言うまでもないでしょう。

 

雑貨・化粧品扱いになる白色ワセリンは多少クオリティが劣るため価格の安さが特徴です。ただ白色ワセリンには変わりないので、健康な肌をお持ちの方にとっては医療用も化粧用もそれほど違いを感じません。ただ肌が弱い方は刺激を感じることもあるので注意しましょう。

 

まとめ

  • ワセリンは黄色ワセリン・白色ワセリン・プロペト・サンホワイトと4種類
  • 純度によってワセリンの使用感や色が違うのでチェックしてみよう
  • 黄色ワセリン・サンホワイトは医薬部外品
  • 白色ワセリン・プロペトは第3類医薬品になる。また処方箋扱いにも
  • 白色ワセリンは雑貨・化粧品扱いになるものもチェックしよう

白色ワセリンとプロペトは薬局やドラッグストア・処方箋で手に入ります。ただ化粧品扱いになる白色ワセリンはどこでも手に入るのが特徴でしょう。同じく黄色ワセリンとサンホワイトも手に入りますよ。自分のニーズに合ったワセリンを選んで正しく使いましょう。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.