片頭痛

片頭痛を治すには体質改善?健康な血管が大事な理由

更新日:

一度片頭痛の発作が始まると、治まるまで時間が掛かるために病院に行きたくても立ち上がれない・動けない人が殆どです。

根本的な治療は、病院で行いますが自分で出来ることは少しでもやっておきたいもの。普段の生活から、急な片頭痛が起こったらどう対処すべきかなどをまとめました。

片頭痛を治すなら身体から見直す事

片頭痛の発症は、脳の血管の拡張により三叉神経が刺激されるのが有力な原因です。

緊張性頭痛は、冷えや運動不足により筋肉が緊張し血行が悪くなり、血管が収縮するために脳に血液が上手く運ばれずに起こります。そう考えると、片頭痛は血行が良すぎて起こってしまうのではないのか?と思います。

ですが、片頭痛に多い症状として嘔吐や肩のはり等の身体的な症状も表れています。頭痛がおきた時に、身体だけは健康である事は少ないですし自分では気づかないだけかも知れません。

 

頭痛は血液の流れに何等かの問題があるから起こるわけで、片頭痛の場合は『一旦収縮して拡張する』事が分かっています。

気圧の変化や天気にも左右される片頭痛は、澱みがある血液が脳の血管を押し広げてしまうために強く痛みを感じるのです。片頭痛持ちの多くは女性で『冷え性』である事が多いですし、男性の場合は働きざかりで生活リズムが不安定でもあり栄養のバランスが取れていません。

食事と血管

血管年齢は実年齢とは比例せず、脂質や糖質の高い食事の人は血管だけが高齢であるものです。反対に、高齢者であっても食事のバランスがよく糖質や脂質を適度に制限していると若々しい血管を持っています。

この血管年齢は、血糖値と関わりが深く糖質や脂質の多い食事ばかりを続けると脆く弱くなります。その為に血管が収縮や拡張を起こしてしまい片頭痛に繋がるとも考えられます。

片頭痛を本気で治したいのであれば、血液の滞りを改善してスムーズな血液循環ができる健康な血管を作ることが大切です。

体質改善が片頭痛を治す

片頭痛の治療は広がる血管を収縮させる薬を使います。これで痛みは抑えられますが、根本的に片頭痛を解決できるものではありません。血管に問題が起こるのであれば、その血管を正常に働かせる事で片頭痛は治るのです。

バランスの良い食生活や生活習慣は、健康な身体をつくる最たるもの。健康な身体には病気も起こらないのです。ストレスの多い現代で、まったくストレスフリーになるのは難しいですが、努力次第で軽減は出来ます。

片頭痛を治すのではなく、健康になること

特にロハスな生活をする必要はありませんが、好きなものだけを食べてお酒を飲み煙草をすって夜更かしするような生活を続けて片頭痛が治るとは思えません。

自分の生活の中で『これは良くない』と思うことは幾つかあるはずです。それを少しでも改善していく事が、片頭痛を治す一歩に繋がるのです。

薬だけに頼るのではなく、治す為に自分に何が足りないのか、何をすれば起こらないようになるかを考える事も大切ではないでしょうか。

まとめ

片頭痛は予防する事も出来ますし、体質改善しながら治していく事も出来ます。

薬で誤魔化していても『またあの痛みがきたら』とビクビクして生活していても楽しくないはずです。

本気で治したいのであれば、『何が引き金になるのか』『片頭痛が起きる前の自分の行動』等をしっかりチェックして前に進みましょう。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.