女性ホルモン

女性のホルモンバランスは妊娠で変わる?妊娠中の影響とは?

投稿日:

女性ホルモンは妊娠に大きく関わっているホルモンです。
しかし妊娠するとこのホルモンバランスが、
どのように変化するのかを知っている方は少ないでしょう。

妊娠によるホルモンバランスの変化を知ることで
妊娠の兆候に気が付き薬やお酒を早いうちから辞めることが出来ますし、
さらには妊娠中の体の変化に対する理解も深まります。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスは妊娠で変わる

女性ホルモンのバランスは妊娠によって大きく変わります。
女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが交互に多く分泌されています。
卵胞ホルモンは生理開始から排卵まで、
黄体ホルモンは排卵後から生理開始前まで分泌されます。

妊娠すると生理が来なくなるわけですから、
当然、生理開始から排卵まで多く分泌されていた卵胞ホルモンの出番はありません。

妊娠期間中は黄体ホルモンが分泌されている状態になります。
生理前にはホルモンバランスが大きく変動しますので、
精神的にも肉体的にも疲労を感じやすくなる方も多いでしょう。

また生理前にはどうしてもイライラと感情的になってしまいます。
これは急激なホルモンバランスの変化による影響、
特に黄体ホルモンの影響によるものです。

卵胞ホルモンが精神的にも肉体的にも安定させてくれるのに対し、
黄体ホルモンは感情的になりやすく自律神経が乱れることで全体的に不調になりやすいのです。

これによって妊娠期間中はどうしても感情的になりやすくなってしまうと言えます。
特に妊娠初期の頃は目には見えないものの体の中も目まぐるしい変化を行っています。
そのため不安定な気持ちになりやすいので注意しましょう。

スポンサーリンク

妊娠時期のホルモンバランスの影響

妊娠している間は黄体ホルモンが多く分泌されている状態ですので、
精神的な面では生理前のような状態になっていると言えます。

ホルモンのバランスの変化によってイライラしてしまうだけではなく、
様々な感情を強く感じてしまいやすい時期です。

良いことはよりうれしく感じますが、
悪いことはより悪く感じてしまう時期です。

もちろん気持ちをコントロールすることは大切ですが、
ホルモンバランスの影響があることを理解し自分自身の変化を受け入れてあげると
精神的にも落ち着くと感じる方が多いようです。

また妊娠時期のホルモンバランスの変化がもたらすのは何も
精神的な面だけではありません。

肉体的な面では、黄体ホルモンの影響で免疫力が低下傾向にあり
また皮脂分泌が促され体温が向上しているために、
肌トラブルに見舞われやすいと言われていますのでケアするようにしてください。

特に紫外線によるシミや肌のたるみなどを感じる方が多いです。
妊娠中にはシミが増えるということは古くから言われるほど、悩まされる女性が多いです。

スポンサーリンク

女性ホルモンで妊娠かどうか分かる

生理の遅れによって妊娠かどうか気が付く方も多いでしょう。
生理予定日から2週間後に検査薬を利用して妊娠しているか確認するのが一般的です。
しかし基礎体温表を付けていれば、それほど長く待たない場合でも
妊娠の可能性があるのかどうかチェックできます。

それは高温期の継続日数です。
特別なホルモン治療などを行っていない場合、
高温期が16日以上継続することは妊娠の可能性が高いと言われているのです。
反対に妊娠していない場合では、
例え生理が遅れていたとしても高温期は継続しないと言われています。
低温期に移行していれば、近いうちに生理が来るでしょう。
それでも低温期に移行しない場合などでは無排卵なども考えられます。

女性ホルモンの動きを基礎体温表で知ることで
妊娠の可能性も知ることが出来るとは、それほど女性ホルモンは妊娠と密接な関係にあるというわけです。

まとめ

妊娠期間中はどんな方でもホルモンバランスが変化します。
その症状には個人差があるものの、
体の中では大きな変化が起こっているのですから仕方のないことです。

ホルモンバランスが大きく変化していることを理解することで
自分の変化による不安な気持ちも軽減することが出来ます。
女性ホルモンと妊娠の関係を理解しましょう。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.