片頭痛

片頭痛はコーヒーで本当に治る?効果的な飲み方とは?

更新日:

片頭痛にはコーヒーやカフェインが良いと聞きます。

血管の拡張により起こる片頭痛を、コーヒーに含まれるカフェインが抑えるからとも言われています。

コーヒーが苦手な人は、カフェイン入りのお茶でも同様な効果が得られるのですが、コーヒーの方がより効果的と言われるには色々な要因があるからなのです。

コーヒーが片頭痛を和らげる理由

脳の血管が急激に拡張する為に、周りの神経が同時に刺激を受けてしまい炎症を起こし発生するのが片頭痛です。

この拡張した血管を緩やかに収縮させたい時に、コーヒーを飲むと楽になると言われています。コーヒーに含まれているカフェインは、覚醒効果や精神の安定、鎮痛効果や血管の収縮など様々な効果があります。

一般的には、覚醒や興奮効果が有名なので神経が炎症を起こしている片頭痛に本当に効果があるのか不思議な気もしませんか?

コーヒーは覚醒効果と同時に、鎮静効果もあるので痛みを抑えるとされているのです。薬とは違い即効性は期待できませんが、飲む事で精神を安定させて血管の収縮と共に楽にしてくれます。

全員に効果はなし?!コーヒーが効く人と効かない人の違い

片頭痛だけでなく、コーヒーを飲むと治ると言う人もいます。反対に『余計に痛くなる』人もいて『本当に片頭痛に効くのか?』不安に感じる人もいるようです。

コーヒーに含まれるカフェインは、鎮静や鎮痛効果もあると同時に、飲みすぎる事によりカフェイン中毒を起こしてしまい頭痛が悪化する事があります。

コーヒーは1日に3杯程度までは、健康効果もありますが過ぎれば、カフェインが血管の膨張を引き起こしてしまい片頭痛が酷くなる事もあるようです。

体質的なものや、冷え性で血行が悪い・運動不足で筋肉が衰えている・常に同じ体制で身体の緊張が強い人は片頭痛と緊張性頭痛を併発する事も多いので『頭痛=片頭痛』と勘違いし、コーヒーを飲む事で血管を刺激してしまい酷く痛みが続くようです。

適度な摂取やピンポイントでの摂取は良いのですが、日頃からコーヒーを常飲していると効果の程は両極となる事もあります。

コーヒーの飲みすぎは良くない

カフェインには中毒性があるので、依存症になると逆効果だけでなく胃痛や貧血、睡眠障害や自律神経の乱れに発展します。

特に睡眠が取れないと、脳の自律神経が不安定になりちょっとしたストレスで片頭痛を起こしやすくなります。コーヒーが片頭痛の原因である事も少なくないので、1日の適量は守っておきましょう。

片頭痛改善にコーヒーを利用するポイント

コーヒーは予防をするものでなく症状を楽にする為のものです。片頭痛が起こりそうな時に、ゆっくりと飲むことはもちろんですが、血管が拡張する原因は極度な冷えが原因です。

特に脳への血流は、冷えにより鈍くなるので一気に拡張する事が痛みを引き起こしているわけです。どんな頭痛も最初から血管が拡張するわけではなく、一度収縮して広がっていますから『血液の滞り』を先ずは改善するのが大切です。

出来れば温かな白湯で血管の急激な拡張を抑えながらコーヒーで鎮静するようにすれば、酷い片頭痛から逃れられるとも言えます。

一気にコーヒーのカフェインを流し込むより、血液の流れを正常にしてコーヒー効果を取り入れた方が身体もリラックスできるのです。コーヒーを既に飲んでいる場合には、温かい緑茶や紅茶を代用するのも方法です。

カフェインが苦手な人は、番茶やハーブティーで代用するのも良いと思います。

まとめ

コーヒーには鎮静する力や鎮痛効果はありますが、飲みすぎは逆効果です。

軽い片頭痛であれば、良いとは思いますが根本的な治療にはなりませんのできちんと病院で治療を受けるのが一番ではないでしょうか。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.