片頭痛

頭痛は病院で治そう!でも何科を受診すれば良い?

更新日:

頭痛は誰にでも起きる、非常にありふれた痛みです。頭痛が命の危険に関係する事は少ないのですが、中には脳梗塞のように一刻を争う病状が隠れている事があります。

『頭痛持ち』と自覚のある人は、鎮痛剤が手離せず痛むと飲んで抑えているのではないでしょうか。鎮痛剤で抑えても、頭痛の原因を解消しなくては片頭痛は治まりません。

その為には、病院で片頭痛の原因を調べ治療する事です。自分の片頭痛が何故起きるのかを知れば、対策を考えて予防も出来るからです。

片頭痛を通院で治療

頭痛は種類も多く、各々に特徴があります。正しい処置をしないと、悪化する場合もあるので病院を受診するのが一番の方法です。

おかしな事に『リラックスする休日』になると片頭痛が起きたり、デート中に起きたりするのでストレスだけが片頭痛の原因ではありません。片頭痛が起きると、歩けない動けないような人もいますから予兆が来るまえに治めたいもの。

その為には、病院でしっかり指導をしてもらうことが大切です。病院ならどこでも頭痛については診察して貰えますが、専門医でなければ鎮痛剤を処方され様子を見たり休む・ストレスを溜めないように言われるだけです。

片頭痛は『頭痛外来』や『脳神経外科』の受診が適しています。片頭痛は血管の収縮が原因とされますが、ホルモンや食生活、生活習慣が何等かの引き金になるとも考えられています。先ずは片頭痛が生命に危険性がないのかを調べて有効な治療を始めてください。

頭痛外来とは

誰もが経験する頭痛ですが『たかが頭痛』と市販の薬を服用していても、繰り返し起きるので日常生活もままなりません。そんな人の為に『頭痛を治す為の診療科』があるのはご存じでしょうか。

一人一人の症状から、診察と検査をして薬を処方したりリハビリをすすめてくれます。頭痛の原因を脳や神経、メンタル等の様々な方向から診察し原因を突き止めていきます。

頭痛の原因が各々なように、診察する医師も色んな分野です。病院により、高度な医療機器で最新の検査を受けることが出来るのです。頭痛外来は総合病院やクリニックで次々と開かれています。先ずは近くの頭痛外来で相談してみましょう。

頭痛外来での診察や治療の為にしておきたいこと

頭痛で病院に行くと、頭痛の症状だけでなく『どのような時に起きるか』等を詳しく話さなくてはなりません。不透明な症状では、個人にあった薬の処方ができません。きちんと診断を受けられるように、日記をつけるのがベストです。

  • 朝昼夜いつ起きるか、その頻度
  • 日常生活にどんな支障が出たか
  • 市販の鎮痛剤を利用した場合の効果や薬の名前
  • どんな時に起きるか、起きやすいか

これらをメモなどで記録をしておくて、的確な診察を行いやすくなります。片頭痛に効果的な薬は、種類もあるので症状に合わせた処方や飲み方が大切なのです。

自己判断で鎮痛剤を飲むより、病院で診察を受けて自分の症状にあった治療を行いましょう。

まとめ

頭痛は鎮痛剤だけで抑える時代は終わりました。片頭痛の特効薬も増えたので、タイプに合わせた薬の処方が可能になっています。

今までは、生活に支障をきたしていた片頭痛も薬と習慣でコントロールが出来るようになりました。その為には、病院で診察を受けて自分の頭痛と向き合う事が大切です。

近くの医療機関の頭痛外来や脳神経外科を受診すれば片頭痛の原因を特定できるので、辛くて悩むなら是非病院で診察を受けてください。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.