産後

産後に旦那が嫌いになるのはなぜ?イライラする3つの理由

更新日:

Beautiful-woman-4

大好きなはずの旦那さんに対して、なぜか産後に愛情がさめてしまったという女性が多くいます。

大事な我が子の出産を乗り越えて、夫婦の絆はより深いものになるはずなのに、なぜなのでしょうか。この産後の夫婦仲の危機がきっかけで、離婚をしてしまう夫婦が多くいるのです。

そんな最悪な状況を避けるため、産後の夫婦関係に溝を作らないための対策をご紹介します。

なぜ産後は旦那にイライラするのか

ホルモンバランスが崩れるため

産後はそれまで大量に分泌されていたホルモンの量が急激に減少し、大きくバランスが崩れてしまいます。その影響で、産後の女性はイライラしやすくなったり、涙もろくなったりと、とても情緒不安定になるのです。

生活のずれ

日中仕事で家を留守にしていて、帰宅も夜遅いという旦那さんが多いかと思います。帰宅後も仕事の疲れから、あまり積極的に育児に関わってくれないと感じる奥さんも多いでしょう。

こうした生活のずれから、「夫婦二人の子どもなのに、まるで一人で子育てしているみたい」と感じてしまうようです。

生後間もない頃はろくに外出もできず、そんな中でほぼ毎日のように家にいない旦那さんをねたましく思う事もあるでしょう。家に缶詰になる事で、誰かと話す機会も極端に減ってしまう事が、さらにイライラを増加させてしまいます。

育児に協力的でない

普段、仕事でストレスや疲れを抱えてしまうため、休日にはダラダラと過ごしたり、自分の好きな事に夢中になってしまう旦那さんも多いでしょう。

また、赤ちゃんと長く関わる事ができないため、休日でもあまり赤ちゃんと関わりたがらない旦那さんもいます。

しまいには、「家にずっといられるお前がうらやましい」などと心ない言葉を言われたというお母さんも多くいる事でしょう。

産後クライシスにならないために

自分の気持ちをきちんと言葉にする

産後の育児の忙しさや、生活のずれから、夫婦間の会話は自然と減る傾向にあります。そんな中、イライラを態度で表現しても、上手く伝わらなかったり、逆に相手に不快な気持を与える事にしかならず、根本的な解決になりません。

「疲れた」や「こうしてほしい」など、自分の気持ちをはっきりと旦那さんに伝えましょう。そうすることが、お互いの理解を深める第一歩になります。

たくさん頼り、褒めてあげる

旦那さんの帰宅後のわずかな時間でも、赤ちゃんのお世話を頼んでみましょう。沐浴をかわりに行ってもらうのもおすすめです。

そして、手伝ってくれたとときは少し大げさなくらい相手を褒めて、感謝の気持ちを伝えましょう。そうすれば、旦那さんの育児に対する考え方に変化が生まれるはずです。

おわりに

産後の旦那さんへのイライラを溜め込み、我慢し続けていると、いつかは爆発してしまいます。そのときにはすでに、離婚という道しか残っていないかもしれません。

せっかく新しい家族を迎えて、こらからもっと楽しい生活が待っているはずです。今ある幸せを再確認し、相手を思いやる事が、産後の危機を乗り越えるため最も必要な事なのです。

-産後

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.