女性ホルモン

女性ホルモンの働きとダイエットの関係!痩せやすい時期は?

投稿日:

ダイエットを長く続けることが出来ずに悩んでいる女性は多いです。

女性のダイエットは女性ホルモンの影響を受けやすいですから、女性ホルモンを理解して行うことが大切です。

今までダイエットが続かなかったのはホルモンバランスの影響の可能性があります。

スポンサーリンク

女性ホルモンは2種類存在する

女性ホルモンのことを「女性ホルモン」という一種類のホルモンであると誤解している方は多いですが、女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という二つのホルモンのことを指しています。

エストロゲンとは?

エストロゲンとは卵胞ホルモンとも呼ばれることのあるホルモンです。生理後から排卵が行われるまではエストロゲンが優勢で分泌されます。

このホルモンは排卵を促すホルモンで、体を女性らしくしてくれるホルモンです。エストロゲンの作用としては、脂質代謝抑制、意識の女性化、代謝率向上が挙げられます。

プロゲステロンとは?

プロゲステロンとは黄体ホルモンと呼ばれることのあるホルモンです。これは排卵後から生理開始前まで多く分泌されます。

このホルモンは妊娠に適した体を作り上げてくれます。具体的には基礎体温の向上、食欲増加が挙げられます。

また、着床しやすい環境を作るために水分を体に溜め込みやすく、腸の動きが鈍くなることも多いとされています。

女性ホルモンの働きは生理周期で把握することが出来ます。排卵まではエストロゲンの分泌量が多く、排卵後にはプロゲステロンが多くなるためです。女性ホルモンが正常に分泌されていれば、基礎体温を表にした際に二層に分かれるはずです。

 

二層に分かれていても、その差が少ない場合や日数に大きな差がある場合には、どちらかの女性ホルモンの分泌量が正常ではない場合があります。

女性ホルモンは目に見えませんが、表から読み取ることが出来るのでチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

女性ホルモンで痩せやすい時期と太りやすい時期は存在する?

結論から言えば女性には痩せやすい時期と太りやすい時期は存在します。

これは女性ホルモンによるもので、エストロゲンが多く分泌されている排卵前と、プロゲステロンが多く分泌されている排卵後では大きく体質が異なるためです。

女性ホルモンはそれだけ心身ともに大きな影響を与えるホルモンです。

 

痩せやすい時期とは

痩せやすい時期はエストロゲンが分泌される排卵前の時期です。生理開始から排卵前まではエストロゲンが多く分泌されます。

エストロゲンは代謝率を向上させ、集中力も高めてくれる作用がありますのでスポーツによるダイエットが効果的なのです。この時期は脂肪の燃焼率が上がりますので、効率的なダイエットが行えます。

 

太りやい時期とは

エストロゲンとは反対にプロゲステロンが多く分泌される排卵後から生理開始までは太りやすい時期であると言えます。

これはプロゲステロンが食欲増加させるだけではなく、代謝も低下させてしまうためです。腸の運動も制限されてしまいますし水分を溜め込んでしまいますので、便秘にもなりやすい時期なのです。

そのためどうしてもプロゲステロンの分泌の多い時期は体重が増加してしまう傾向にあります。ダイエットには向かない時期とも言え、過食には注意してください。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスを知ることで美しくなろう

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと心身ともに体調不良が引き起こされます。そのためホルモンバランスを整えることは非常に重要なことであると言えます。

女性ホルモンは脳から指令を受けた卵巣が分泌されるという仕組みですが、強いストレスや疲労、睡眠不足や過度の食事制限によってバランスを崩してしまいます。

 

エストロゲンの分泌が多い時期には運動を生かしたダイエットに取り組み、プロゲステロンの多い時期には過食に注意することがダイエットを成功させる仕組みです。

非常に単純な方法と感じる方が多いと思いますが、痩せやすい時期と太りやすい時期を理解して取り組むということは、計画的なダイエットに繋がりますので健康的に体重を減らしていくことが出来るのです。

 

おわり

女性ホルモンは心身ともに大きな影響を与えるものです。

エストロゲンとプロゲステロンの働きを全て理解するのは難しいですが、生理周期に合わせてダイエットの方法を切り替えていくことで、ダイエットを継続していくことが出来ます。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.