シミ

シミそばかすにハイドロキノンは効く?漂白剤の美白作用!

投稿日:

頬や目元にできやすいそばかすは、シミの一種です。
シミには色々な種類があって、加齢によるもの、ホルモンバランスが関係するもの、紫外線の影響によるものなど原因によってでき方やケアの方法にも違いがあります。
特にそばかすの場合は、遺伝的なものが関係してできる事が多いシミなので他のシミとはケアの方法が少し異なる点もあります。
そばかすは正式名称を「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼びます。
これはそばかすの形がうずらの卵に似ている事からこう呼ばれているそうで、頬や目元などを中心に広い範囲に集中してできるという特徴があります。
そばかすは、他のシミと異なり市販の美白成分ではあまり効果がないとも言われていますが、美白成分の中でも特にそばかすに効果が期待できる成分として「ハイドロキノン」が挙げられる事がよくあります。

 

ハイドロキノンの特徴

ハイドロキノンは美白成分の一種で、時に「肌の漂白剤」などと呼ばれる事があるほど高い美白効果が期待できる成分として有名です。
漂白と言われるくらいなので、かなりの効果が期待できそうな感じがしますが、実はハイドロキノンは厚生労働省の認可が降りていない成分です。
美白成分としてよく知られているプラセンタやビタミンC、アルブチンなどは厚生労働省が許可を出している成分で市販の美白化粧水などにもよく配合されています。

ただ、ハイドロキノン配合の市販アイテムも目にした事があるよ!という人もいると思います。
実は、ハイドロキノンは2002年頃までは医療機関のみでの取り扱いに限定されていて、市販の商品には配合される事はありませんでした。

とはいえ、厚生労働省の許可がなくても化粧品に使用する事はできるので、最近になって様々な研究開発が進み、市販のアイテムにもハイドロキノンが配合されるようになり、より手軽に利用する事ができるようになったのでドラッグストアなどで購入できる商品にもハイドロキノンが配合されるようになってきたという経緯があります。

 

ハイドロキノンの注意点

ただ、ハイドロキノンは漂白剤と呼ばれるほど美白作用が強い成分でもありますので取り扱いには注意が必要です。
まず副作用についてですが、一番気をつけたいのは「白斑(はくはん)」という症状です。

白斑は、肌の一部分だけが色が抜けたように真っ白になる症状で、ハイドロキノン配合のアイテムの使用方法や使用量を間違えるとこのような症状を引き起こす可能性が高いとされています。
白斑になると元通りの状態にする事が難しくなる事もありますので、ハイドロキノンを使用する際には用法容量を正しく守って使用する事が大切です。
また、この他にもかぶれ、炎症、アレルギー反応などの副作用が出る事もあります。

そのため、ハイドロキノンを使用する場合にはまずパッチテストを行って自分の肌に合っているかどうかをきちんと確認した上で使用する方がより安心です。
特に肌が弱い人、アトピー性皮膚炎の症状がある人などの場合は、注意が必要ですね。
ハイドロキノンは市販品もありますが、病院でも処方してもらう事ができますので、心配な人は安易に自己判断で使用するのではなく一度医師の診察を受けてから使用量などを調節してもらって利用するようにしましょう。

 

ハイドロキノンの保存方法

ハイドロキノンは変質しやすい成分でもあります。
そのため保存にも注意を払いましょう。
できるだけ冷暗所での保存がお薦めです。
熱や紫外線による影響を受けやすい成分なので、開封後は冷蔵庫などで保存しておいた方が良いでしょう。
変質したものを使用すると、例え使用量が間違っていなくても肌トラブルを招く可能性が高くなりますので注意しましょう。

 

まとめ

このようにそばかすケアにはハイドロキノンを用いたケアが有効とされています。
ただし、副作用や保存方法など注意しなければならない点もたくさんありますので、ハイドロキノンの特徴や注意点についてはよく理解した上で利用する事を忘れないようにしましょう。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.