眠気覚まし

【特集】眠気覚ましを促す食べ物でつらい午後にも立ち向かえ!

更新日:

shutterstock_226292485

つら~い眠気に悩んでいる方はいませんか?

特に午後になると眠気も強くなって、なんにも集中できない!という方は多くいらっしゃることでしょう。

今回はそんな眠気を覚ます食べ物を特集したいと思います。

 

そもそも「食べる」という行動は脳を活発にさせる刺激のひとつで午後に向けてお腹を満たしておくのはとても大切なことですね。

眠気を覚ます動き+眠気に効く食べ物でつらい眠気を吹き飛ばしましょう!

 

脳内分泌セロトニンとメラトニンの睡眠因果

我々の脳内で分泌された様々な物質が気分にも影響を与えています。よく知られている物質にドーパミンとセロトニンがありますね。

  • ドーパミン:興奮状態にしてくれる積極的な物質
  • セロトニン:精神を落ち着かせて、物事に集中して取り組めるように安定した気分にさせてくれる物質

 

このうちセロトニンはメラトニンという人間の睡眠に欠かせない物質にも影響を与えます。日中に多くのセロトニンを分泌すれば、夜に分泌されるメラトニンの量も増えていきます。

 

ではメラトニンが増えればどうなるのでしょう?

 

ずばり入眠がスムーズになり「質の良い眠り」に繋がります。この「質の良い眠り」は翌日の昼間の眠気にも大きく影響します。つまりメラトニンを増やすためのセロトニンを多く分泌させることが大切だということです。

 

セロトニンを増やすためのトリプトファン

ではセロトニンを増やすための食べ物とは何でしょうか?

実はセロトニンを分泌させるためには「トリプトファン」の摂取が欠かせません。トリプトファンを多く含む食べ物を摂取して日ごろの眠気を良い方向へ改善させましょう

 

トリプトファンを含む食べ物

  • チーズ
  • ヨーグルト
  • バナナ

これらは朝食に取りやすい食べ物ですね。出勤前や学校に行く前に一口でも良いので是非食べておきたいところです。

 

  • アーモンド
  • ピーナッツ

ナッツ類にも含まれているので、午後の眠気がやってくる前におやつとして食べるのも「噛む」動きとの相乗効果が期待されます。

 

  • 納豆
  • 豆腐
  • 魚類

晩ご飯には積極的に取り込んでおきたい食べ物です。

 

どれも簡単に食べられるので一人暮らしの方も摂取しやすいのではないでしょうか。調理の手間がいらないところも重要なポイントですよね。

 

シャキッと目が覚める食べ物!

日頃の食べ物を見直して眠気の根本から改善するのも大切ですが、やはりガツンと「その時の眠気」を覚ましたい場合の食べ物もご紹介させていただきますね!

スッキリできる眠気覚ましの食べ物

・梅干し
クエン酸で体の疲れも取ってくれる優秀な食べ物。酸っぱさで口の中も活発に!

・わさびやキムチなどの辛いもの
刺激を与えて脳を刺激!お昼ご飯にわさびを使ったものや辛めのラーメンなども良いでしょう。

・チョコレート
→おやつで食べやすいチョコは脳を活性化してくれ糖分も摂取が兼ねられるのと、「テオブロミン」という覚醒作用のある成分を含んでいるので眠気覚ましにはもってこいの食べ物です。

・ミント系のガム
気分も意識もスッキリさせてくれるミント系がやはりオススメです。「噛む」動作と合わせて眠気を吹き飛ばしましょう。ダイエットしていてあまり食べるのも・・と不安な方にもピッタリですね。

 

まとめ

日頃から眠気に悩まされている方は良質な睡眠に繋げるための食べ物を摂取しましょう。セロトニンを増やすための「トリプトファン」を多く食べる事がポイントです。

継続的な食事に加えて瞬間的な眠気を覚ますための食べ物は甘いチョコから酸っぱい梅干しなどの刺激物がオススメ

「食べる」は「眠る」に密接に関係する行動のひとつです。少しずつ意識して昼間の眠気を吹き飛ばしましょう!

-眠気覚まし

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.