シミ

シミを薄くする食べ物とは?栄養素(ビタミン)から考える!

投稿日:

シミができ始めると顔の印象まで違ってくるような気がしますよね。
顔全体がくすんで見えたり、老けた印象になってしまったりする事もあります。
シミ対策としては普段から紫外線対策をしっかりしておく事も大切ですが、そばかすなどの場合は遺伝的なものも関係してきますので防ぎようがないというケースもありますね。

こうした場合には、外的な予防策だけでなく日頃から内面からのケアにも心がけておくと少しでもシミの発生を遅らせる事ができたり、できてしまったシミを薄くするのに役立つ場合があります。
そこでこのページでは、特にシミ予防やシミ対策として効果が期待できる食べ物について紹介してみたいと思います。

 

シミを薄くする栄養素

シミ対策として効果が期待できる栄養素の代表は「ビタミンC」だと言われています。
ビタミンCは美白に効果が期待できる成分として化粧品などに配合されている事も多くありますね。
外から補う事ももちろんですが、やはり体内に摂取する方がより効果が期待できるでしょう。

ビタミンCを多く含む食品は、色の濃い緑黄色野菜が多く挙げられます。
代表的なものを挙げてみると、ほうれん草、かぼちゃ、人参、トマト、ブロッコリー、パセリ、小松菜、ピーマンなどが挙げられます。

また、果物にもビタミンCは多く含まれていて、イチゴ、柿、オレンジ、アセロラ、グレープフルーツ、レモンなどが代表的なものとして挙げられます。
ビタミンCは、過剰摂取したとしても身体に害がなく、不要なものは体外に排出されていくのでできるだけ意識的に多く摂取する方が良いでしょう。

 

ビタミンCとβカロテン

栄養素には色々な種類がありますが、シミを薄くする事を目的としてビタミンCを摂取する場合に同時に摂取する事でより効果がアップすると考えられている成分がありますので紹介しておきましょう。

まず1つ目はβカロテンです。
βカロテンは、緑黄色野菜に多く含まれる栄養素で、人参、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜、にら、春菊、モロヘイヤ、ケール、パセリなどに多く含まれるとされています。

ビタミンCと同時に摂取する事でシミを薄くするのにより高い効果が期待できる成分だとされています。
βカロテンは、体内に取り込まれるとビタミンAに変換されるという性質があります。

ビタミンAには角質化を防ぐ作用があるとされているので、肌本来の美しさを保つという点でも効果が期待できます。

 

ビタミンCとビタミンE

ビタミンCと同時に摂取した方が好ましい栄養素のもう1つがビタミンEです。

ビタミンEは、体内で発生した活性酸素を除去する抗酸化作用がとても強い事から若返りの栄養素とも呼ばれていて、アンチエイジングに効果が期待できるとされています。
ビタミンEが多く含まれている食品としては、かぼちゃ、モロヘイヤなどの緑黄色野菜を初め、ごま、アーモンド、イワシ、ししゃも、にじます、うなぎ、ひまわり油などが挙げられます。

ビタミンEは、ビタミンCと同時に摂取する事で抗酸化作用がよりアップするとされています。
ただ、ビタミンEを摂取する際には摂取量に気をつけなければなりません。
ビタミンEは、ビタミンCと違って過剰に摂取すると体内に蓄積され、骨粗鬆症などの症状を引き起こす場合もあります。

食品から摂取する場合には、極端に過剰摂取しなければ特に気にする必要はないと言われていますが、サプリメントなど単独で摂取する場合には過剰摂取によく気をつける必要があるでしょう。

 

まとめ

このように身体に内側からシミを薄くするには、ビタミンCを多く含む緑黄色野菜を中心にβカロテン、ビタミンEなどを積極的に取り込むのがお薦めです。
また、こうした内的なケアと同時に美白化粧品やピーリングなどの外的なケアも同時に行う事でよりシミを薄くする事が可能になると考えられます。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.