片頭痛

片頭痛は食べ物が引き金?頭痛の原因になる食べ物とは?

更新日:

女性に多い片頭痛は、ホルモンが関係するとも言われますが、食生活が片頭痛に何等かの影響を与えているのでは無いかとも考えられています。

食べ物に含まれる栄養素は、私達の身体に必要なものですがバランスが良くなかったり摂取しすぎてしまうと片頭痛を引き起こす原因にもなりかねません。

今回は頭痛を引き起こす食べ物や改善の為にも摂取したいものを紹介していきます。

身体に良い油を使いましょう

血液をサラサラにする為には、血液中の脂肪酸を減らさなくてはなりません。どんな食べ物も調理には油を使います。

一般的には動物性よりも植物性の油が身体を健康にする効果が高いとされ、色んな油がスーパーに並びます。植物性の油はサラサラして固まる事がありません。

オリーブオイルやゴマ油は、植物性油の中でも定番です。最近は亜麻仁油も注目されているので、料理にはこのような良質な油を使いましょう。オメガ3が豊富で、血液をサラサラにするので血管の拡張を抑えてくれます。

近年は、ファーストフードや外食が多くなり、野菜不足が問題になっていますが、野菜だけでなくトランス脂肪酸の多い食べ物を摂取しているのが身体の不調を引き起こす事が分かっています。

油は適量を補充することで、身体を元気にしてくれます。身近な油を変える事で、片頭痛の原因に繋がるものを立ちきっていけます。

白い食べ物が頭痛の原因に!

白砂糖や白米、パンには糖質が多く含まれています。糖質制限は、ダイエットだけでなく生活習慣病予防にも効果的。糖尿病の治療や減量で有名になりましたが、糖質を控える事で様々な不調が解決します。

糖質コントロールをすることにより、片頭痛だけでなく頭痛そのものが改善されたケースも報告されています。血糖値が高くなれば、血液は汚れてしまい血糖値が高いままになるので、血栓が出来たり高血圧にも繋がります。

砂糖を使った食べ物が多い、糖質の高い食べ物ばかり食べていると血糖が上がりっぱなしになり血管を傷つけてしまいます。急に糖質の制限は難しいのですが、食事のバランスを取ることで満足した食事が食べられます。

スイーツ等も、できるだけ控えて健康な血管を作るようにしたいですね。

ポリフェノールやケラチンが含まれている食べ物

抗酸化力のあるポリフェノールは、活性酸素を除去し身体を健康にする成分です。目の疲労回復に良いブルーベリーにもポリフェノールが豊富ですから、サプリメントを利用している人も多いと思います。

ポリフェノールは血管を拡張する作用があるので、片頭痛の人には諸刃の剣です。血管が健康であれば問題はありませんが、等質や脂質の高い食事をしているとポリフェノールも逆効果。食生活を見直しながら、ポリフェノールが含まれた食べ物を摂取するのがベストでしょう。

赤ワインやチョコレート等は控えめにする事をおすすめします。特にチョコレートには、ポリフェノールに加えてチラミンが多く、拡張と収縮を繰り返してしまいます。

身体によい栄養も摂取のバランスが大切です。片頭痛を改善するのであれば『栄養の偏り』を無くし、食べ物をバランス良く食べるようにしてください。

まとめ

片頭痛は栄養のバランスが悪いために、頭痛を引き起こしてしまう原因になる血管の拡張や収縮を過度に働かせてしまう事が問題です。

外食やコンビニ弁当ばかりを食べていれば、自分では野菜類を食べているつもりでも良くない油や糖質に脂質が多くなっています。添加物の含まれた食べ物も血管を弱くします。

健康な身体にすることが片頭痛予防にも繋がりますから、食べ物に含まれる栄養を考えて食事を楽しみましょう。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.