春の行事

母の日に贈る花には花言葉を合わせてもっと素敵に!

更新日:

母の日

1年で最も花が贈られる日、5月の第2日曜日は「母の日」です。

母の日に贈られる花と言えばカーネーションが定番ですが、最近ではカーネーション以外の花を贈る人も多くなってきています。

カーネーション以外に、母の日の時期の花屋さんには「カランコエ」、「アジサイ」、「バラ」、「胡蝶蘭」といった鉢植えの花が並んでいると思います。

お母さんが好きな花を贈るもよし、花屋さんで気に入ったものを贈るもよしですが、贈る花の「花言葉」を意識して選んでみるともっと素敵なプレゼントになりますよ。

 

花がプレゼントに最適な理由

最近では母の日のプレゼントに花以外のものを贈る人も増えてきました。

でも、結婚式の両親への花束、好きな人へ告白する時、送別会での贈り物など、花が出てくる場面はどれも特別な場面が多いと思いませんか?

花には不思議な力があります。

贈られた人は自分が特別な存在なんだと思えて、うれしくなります。

そして、花が他の品物と違う点は

「花は枯れて、いずれ捨てられる」

ということです。

 

贈る方としてはいつまでも大切に使ってほしいと思いますが、贈られた方の中には大切にしないといけないとプレッシャーに感じてしまう人も少なくありません。

例えば財布を贈ったとしましょう。

次にその人と会う時に別の財布を使っているのを見ると何だか悲しくありませんか?

贈られた方は、そんな思いをさせないために気を使ってその財布を使うと思います。

でも、相手に気を使わせるようなプレゼントはお互いあまり気持ちの良いものはありません。

その点、花はいずれ枯れていくものなのでそういった気遣いは一切ありません。

また、贈られた方もいずれは捨てられるものを自分の為に用意してくれたと嬉しく思ってくれることでしょう。

母の日でも同様です。

あなたにとって特別な存在であるお母さんに、特別な人に贈る時に使われる花を贈ると、きっと素敵なプレゼントになります。

その時に、「この花にはこんな花言葉があるんだよ」と一言添えられたら、気持ちがもっと伝わることでしょう。

 

母の日向け!気持ちが伝わるプレゼント向けの花言葉を持つ花

母の日の時期にカーネーション以外に花屋さんに並んでいそうな花にはこんなものがありますよ。

カランコエ

花言葉…「たくさんの小さな思い出」「幸福を告げる」「あなたを守る」「おおらかな心」

切り花ではほぼ出回っていなくて、鉢植えで売られています。

多肉植物の仲間で葉っぱに水を貯めこんでいるので少々水をやり忘れても大丈夫なので、非常に育てやすい花です。

 

花は四季咲きで季節を問わず咲き、年中室内で育てられます。

小さな花がたくさん密集して咲く姿が花言葉の由来かもしれませんね。

バラ

花言葉…「愛」「美」

プレゼントとして人気の高い花ですね。

切り花でも鉢植えでも出回っています。

鉢植えの場合は、背が高くならないミニバラを贈ると後の管理が楽です。

日当たりの良い場所で、水やりは土が乾いたらたっぷりあげます。

 

アジサイ

花言葉…「元気な女性」「辛抱強い愛情」「一家団欒」「家族の結びつき」

切り花でも鉢植えでも出回っています。

アジサイは品種がとても多く、花の形も様々です。

昔ながらのアジサイを想像しているとあまりのかわいさに驚いてしまう品種もたくさんあり母の日の贈り物としてもとても人気です。

花言葉も素敵で、プレゼント向けです。

アジサイは鉢植えでは水を結構吸うので、水やりは忘れずに!

水やり以外は特に注意することもありませんので、花が一通り咲き終わったら外に植えてあげてもいいですよ。

胡蝶蘭

花言葉…「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」

プレゼントと言えば胡蝶蘭は不動の人気です。

少々値段が張るのですが、豪華な花を贈ってあげたいというときには最適です。

室内で管理して、一週間に一回程度コップに一杯の水をあげます。

今ついている花が全て落ちて、次の花となると温度管理などが難しいので花は一回限りと考えておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

母の日に花を贈る理由をまとめておきましょう。

  • 花は贈られる方も自分が特別な存在なのだと思わせる力がある
  • 花言葉を知っていると、更に気持ちが伝わる
  • 花はいずれ枯れていくので、お互い気を使う事がない

花を贈ると、贈られた人は、自分は特別な存在なんだと思います。

普段、花に興味がない人でも花を贈られると嬉しくなるものです。

年に一度の母の日には、素敵な花言葉の花を贈ってみませんか?

-春の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.