冬の行事

家族そろって初めての節分!今更聞けない節分のルールとは?

投稿日:

節分

結婚をして家族ができて初めて迎える節分。古い言い方ではあるけれど「家長」となったからには堂々と節分をやり遂げたいというのが男心ではないでしょうか。

しかし、節分っていつ、何を、どのようにやることか知っていますか?家族をもった男性だからこそ今更誰にも聞けないような節分の初歩の初歩について知っておきましょう。

節分とは?

節分という言葉には『季節を分ける』という意味が含まれています。つまり、節分は『季節の変わり目』を示しますので、春、夏、秋、冬の各季節にも節分はあるのです。

しかし、私達にとって節分といえば2月3日のことです。なぜ2月3日のみが節分といわれるのでしょうか。

季節の分かれ目とは具体的には「立春」「立夏」「立秋」「立冬」を指し、節分は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日の事をいいます。日本では1年のはじまりを春だとしているため、「立春」の前日である2月3日の節分を重視し、現在に至っています。

節分になぜ豆まきをする?

立春の節分に豆をまく行事は中国から伝わった風習で『追儺(ついな)』と呼ばれます。

『追儺(ついな)』は「鬼やらい」「なやらい」「厄払い」「厄落とし」とも呼ばれ、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式という位置づけです。つまり、豆を投げることによって「新しい一年が、不幸や災いのない年となりますように」という願いを込めているのです。

なぜ節分にまくものが豆?

一般的に、豆まき用の豆として売られているのは炒った大豆です。

昔は米や麦・粟なども蒔かれていたようですが、室町時代以降は大豆をまいています。なぜ米や麦・粟から大豆に変化したのかということについては諸説ありますが、「まめになる=健康になる」や「豆に働く」といった語呂合わせの意味も込められているのではないかといわれています。

 

ちなみに、地域によっては豆まき後の掃除が簡単で、まいた豆も美味しく食べることができるということで、落花生をまくところもあります。ご自身や家族の中に大豆が苦手だという人がいる場合は落花生をまいてみてはいかがでしょうか。

節分には柊の枝に刺した鰯の頭は飾らないとダメ?

田舎の節分ではよく、戸口に鰯の頭を柊の枝に刺したものを飾っています。

なぜ鰯の頭を柊の枝に刺したものを飾るかというと、鬼が嫌いな鰯の臭気と柊の刺で邪気を払う意味がいがあり、一種のおまじないといっても良さそうです。

都会ではあまり見られませんが、自分や家族の邪気をはらうためなら鰯の頭を柊の枝に刺したものは飾っておきたいものです。しかし、鰯のにおいや鰯のにおいにつられてやってくる猫・犬で近隣の迷惑にならないように注意をする必要があります。

節分に恵方巻きを食べるのは最近の風習?

ここ数年、スーパーやコンビニでは節分が近づいてくると恵方巻きの予約を受け付けるところを目にするようになりました。

節分に恵方巻きを食べるのは、愛知の風習とも大阪の風習とも言われていますが、全国的に節分に恵方巻きを食べることが知られるきっかけになったのは1977年に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った節分のイベントをマスコミが取り上げたことがきっかけだと言われています。

 

ちなみに、恵方巻きは太い巻き寿司ですが、これにも理由が諸説あります。

恵方巻きに巻き寿司を使うのは『福を巻き込む』という語呂合わせからきていて、太ければ太いほど『たくさんの福を巻き込む』ということを意味すると言われています。

また、恵方巻きは切らずに食べますが、その理由も『縁を切らないために包丁を入れない』『福を切らないために包丁を入れない』という意味があるからだそうです。

 

なお、恵方というのはその年に美しき歳徳神がいる方角のことを意味します。恵方がどの方角となるのかについては、その年の十干(じっかん)によって決まります。北を0度、東を90度、南を180度、西を270度とした場合、恵方はそれぞれ以下のようになります。

 

0度 15度 30度 45度 60度 75度 90度 105度 120度 135度 150度 165度

 

180度 195度 210度 225度 240度 255度 270度 285度 300度 315度 330度 345度

 

まとめ

物心がついた頃から節分の習慣がある私達にとって、「そういう意味なのか!」ということが多くあったのではないでしょうか。

節分についてこの程度の知識をいると、家族や友人・知人に尊敬されそうです。

-冬の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.