冬の行事

出産後初の年賀状は赤ちゃんのかわいさとマナーを意識!

投稿日:

初日の出

出産後初の年末に楽しいのは、赤ちゃんが加わって初めての記念すべき年賀状を作ることではないでしょうか。

喜びにあふれた報告をしつつもマナーある年賀状を作るためのポイントを意識しましょう。

赤ちゃんの写真は全員が喜ばない?

パパとママが年賀状のデザインを考えるときに一番重要視するのは、かわいい赤ちゃんを前面に出すことではないでしょうか。

たしかに、実家や親戚、赤ちゃんも含めた家族ぐるみでお付き合いしている家庭に赤ちゃんの写真を前面に出した年賀状を送ったらきっと喜ばれるでしょう。

 

しかし、仕事でお世話になっている上司や出産・育児で悩んでいる友達にかわいい赤ちゃんを前面に出した年賀状を送るのはいかがでしょうか。

例えば、上司に伝えたいのは赤ちゃんのかわいさよりも日頃の感謝の方が大きくなるでしょうから、手書きのコメントを多く書けるようなデザインである必要があります。

また、出産・育児で悩んでいる友達にかわいい赤ちゃんを前面に出した年賀状を送ると、年賀状を通じて何を言いたいのか、送られた先も悩んでしまい、交友関係にひびが入るきっかけになるかもしれません。

 

生まれた赤ちゃんがかわいいと思うのはもちろん良いことですが、全員が全員、パパやママと同じ気持ちではない場合があるということは念頭に置いておいてください。

年賀状の目的は新年の挨拶!

年賀状は1年の始まりに大切な挨拶を伝えるものです。

かわいい赤ちゃんが誕生した事を年賀状で伝えることは家族の報告という意味で大切なことですが、年賀状に込めたい1番の想いは、新年の挨拶と今後のお付き合いを円滑に進めたい気持ちです。

赤ちゃんの画像だけ載せて、挨拶が後回しになってしまうような出産報告ハガキとならないように注意を払う必要があります。

仕事関係への年賀状にでも使える挨拶フレーズがある!

パパもママも毎日忙しいので、年賀状にばかり時間をかけているわけにはいきません。できることなら、友達だけではなく会社関係にも使えるような1種類のデザインで済ませたいものです。

そのような場合に使える挨拶文があります。

あけましておめでとうございます。
昨年○年○月に長男○○(名前)が誕生し、家族3人で初めて過ごすお正月を迎えました。

このような挨拶文から始まって、日頃お世話になっている御礼などは手書きで加えるなどの工夫をすることで、どのような相手であっても赤ちゃんが産まれたことをさりげなく伝えることができます。

年賀状の写真で赤ちゃんを上手に撮影するポイント

赤ちゃんを撮影する場合には短時間で撮影しましょう。撮影が長くなると赤ちゃんの機嫌が悪くなります。

また、撮影時にフラッシュ撮影をするパパやママがいるかもしれませんが、大人でも至近距離でフラッシュ撮影をされ続けるとストレスを感じるように、赤ちゃんも至近距離で長時間のフラッシュ撮影をするとストレスを感じてしまいます。

出来る限り自然な太陽光が降り注ぐ時間帯に、赤ちゃんとの距離感を程よくとって、カメラのズーム機能などを活用して撮影してください。

 

さらに、赤ちゃんの自然な表情を撮影したいときには、お気に入りのおもちゃを見せたりするなど、赤ちゃんの興味をひくものを使いながら撮影すると効果的です。

おもちゃを見ることで赤ちゃんの目線はカメラから外れてしまいますが、興味のあるものに夢中になっている表情は、誰が見てもかわいいと感じるものです。

年賀状は元旦に届く投函期限を忘れずに

マナーに配慮しつつ、かわいい赤ちゃんも載せた年賀状ができたら、元旦に間に合うように出したいものです。

日本郵便によると、元旦に年賀状が届くためには毎年だいたい12月25日までに投函する必要があるそうです。ただし、離島に送る年賀状の場合位はもう少し早く投函を済ませなければならない場合がありますので、最寄りの郵便局や日本郵便のホームページで確認してください。

まとめ

初めて生まれた赤ちゃんを年賀状で知らせることができるのは1度きりです。

パパやママとしては周囲の人に喜んでもらえるような、心温まる年賀状を作り、赤ちゃんが大きくなったときに「あなたにとって初めての年賀状は、これなのよ」と伝えてあげたいものです。

-冬の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.