冬の行事

初めてのお歳暮マナー!いつ?いくら相当?何を贈る?

投稿日:

手土産

家族ができる頃からでしょうか、今までは無縁だった『お歳暮を贈る』という行事をしなければならないパパやママが増える傾向にあります。

ここでは初めてお歳暮を贈ることになったパパやママに向けて、知っておきたい『お歳暮マナー』を見ていきます。

お歳暮はいつ贈るもの?

お歳暮はもともと、新年の準備を始める12月13日から20日までに贈られていたそうです。

最近では、日頃からお世話になっている方に対する年末の挨拶という意味合いになり、お歳暮を贈る時期が早まっている傾向にあります。具体的には、関東地方では12月初旬から12月31日、関西地方では12月13日から12月31日までとされています。

しかし、年末の忙しい時に届いても相手先に迷惑をかけては申し訳ないので、可能であれば12月20日くらいまでに贈るほうが無難でしょう。

 

また、12月26日以降にお歳暮を贈ると「御年賀」や「寒中見舞い」となるのがマナーですので、注意してください。

さらに、「贈り先が喪中だとわかっているのにお歳暮を贈ってもよいのか」という疑問がよく聞かれますが、お歳暮はお祝いとは異なり日頃の感謝を伝えるものなので、贈り先が喪中だとわかっていてもお歳暮を贈るのはマナー違反ではありません。

お歳暮はいくら相当のものが良い?

金額の目安ですが、だいたいお中元の2~3割増しが目安となっていますので、3000円~5000円の商品が主流ですが、特に決まりはありません。

関係別に見ていくと、親・親戚といった身内や友達には3000円程度のお歳暮を送る人が多く、恩師や職場関係・取引先関係といった立場が上位にあたる人たちには、3000円程度のお歳暮を贈る人もいれば、5000円程度まで値段を上げる人もいるようです。

 

ただ、気をつけなければならないことは、お歳暮を贈る相手の負担にならないような金額にするという点です。あまり高価なものを贈っても気を使わせてしまいますし、明らかに安すぎるもの贈ってもその真意がどこにあるのか悩ませてしまいます。

金額はあくまでも目安であって、気持ちが現れるお歳暮選びをしたいものです。

お歳暮には何を贈る?

お歳暮を贈る際に最も頭を悩ませるのは、何を贈るかということではないでしょうか。

ここで最も重要なことは、お歳暮を贈る相手が喜びそうなものを選ぶである、ということです。

以下に、お歳暮として贈るものを選ぶ時の考え方を3つ例としてあげます。

<例1:相手に過ごしてほしいシーンをイメージして選ぶ>

例えば、毎日忙しく働いている上司にお歳暮を贈るのであれば、ゆったり過ごしてもらうためのアイテムを選んでみてはいかがでしょうか。

コーヒー好きの上司なら無農薬のコーヒーを、紅茶好きの上司ならフェアトレードの紅茶など、お歳暮にまつわるエピソードに贈る自分らしさを加えてみると、より自分らしさをさりげなくアピールすることもできます。

<例2:相手の健康状態を考えて選ぶ>

可能な限りでかまいませんので、お歳暮を贈る相手の健康状態は知っておきたいものです。

例えば、アルコール好きで有名な相手も、医師から指導されてアルコールを飲めない状況かもしれません。また、自分はエビやカニといった甲殻類が好きでも、お歳暮を贈る相手は甲殻類アレルギーをもっているかもしれません。

<例3:相手の家族構成を考えて選ぶ>

一人暮らしだとわかっているのに、大きなハムの塊が3本も入った詰め合わせセットを贈っては、消費に困ってしまうかもしれません。また、3人家族なのにジュース1ダースの詰め合わせを贈っても飲むのに時間はかかるし、1人あたりが消費する量が多くて飽きてしまうかもしれません。

家族構成が分からないという場合には、日頃の会話を通じて何とか知る努力をしつつ、それでも分からない場合には家族の人数を出来る限り少なく見積もって、お歳暮に贈る品物の量を決めた方が良さそうです。

まとめ

お歳暮に限らず、贈り物をする機会はいつでもあることですが、一年のお付き合いに感謝をするという位置づけでの贈り物はお歳暮だけです。

毎日忙しいパパやママにとってお歳暮を選んで手配をするということは面倒なことかもしれませんが、お歳暮に込めた御礼がいつか廻って自分に返ってくることを信じ、相手の喜ぶ笑顔を想像しながら、心をこめて選びたいものです。

-冬の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.