冬の行事

確定申告と年末調整の違いは何?どんな控除が受けられるの?

投稿日:

確定申告

確定申告とは、所得税の金額を申告納税することです。

年末調整とは、会社の給与所得者の給与や源泉所得税に関して、その過不足を調整することです。会社で年末調整を受けた人は、確定申告を受ける必要はありません。

確定申告は、翌年の2月16日から3月15日頃の期間に行ないます。確定申告で受けられる控除には、医療費控除や住宅ローン控除、生命保険控除など14種類あります。

確定申告とは何ですか?

確定申告とは、1月1日から12月31日までの一年間に所得のあった人が、所得税の金額を申告納税することです。

確定申告をする時期は、翌年の2月16日から3月15日頃の期間になります。

確定申告では、所得控除や税額控除などから所得税の再計算を行ない、納め過ぎた税金を還付してもらうことができます。

 

控除の一例として、医療費控除や住宅ローン控除などがあります。

確定申告に必要な書類は、税務署で入手するか、国税庁のホームページ上で申告書を作成して印刷することができます。

最近では作成した申告書を、税務署に送信して確定申告をすることもできます。

 

以下のような人は、確定申告をする必要があります。

  • 株式の配当金や公募株式投資信託の分配金を受けとった、配当所得が合った人。
  • マンション、アパート、自宅、駐車場などを賃貸して、不動産所得があった人。
  • 農業、漁業、酪農、サービス業などの事業所得があった人。
  • サラリーマンで給与収入が、2,000万円以上ある人。

年末調整とは何ですか?

年末調整とは、会社などが従業員などの給与所得者に対して、1月から12月までの1年間に支払った給与や源泉所得税に関して、その過不足を調整することです。

所得税の納税は確定申告で行なうのですが、会社の場合には給与から引いて源泉徴収しています。そのため会社で年末調整することで納税が完了し、確定申告をする必要がないのです。

源泉徴収している所得税額の合計と、本来納税すべきだった所得税額が一致しているとは限らないので、年末に調整するのです。

給与から源泉徴収させている所得税額には、生命保険料控除や扶養家族控除、医療費控除などが反映されていません。

 

そのため年末調整することで、正しい所得税額を計算することができるのです。

サラリーマンの場合は会社で年末調整を受けるので、確定申告をする必要がないのです。

とはいえ、「給与所得者の扶養控除等申告書」を、会社に対して提出していないと年末調整が受けられないので、前もって準備しましょう。

年末調整は原則として年末に処理しますが、場合によっては一年の途中に行う場合があります。死亡したり退職をした人、海外の部署へ転勤をした人などが、それに当てはまります。

確定申告で受けられる控除

所得控除とは、それぞれに異なる生活上の事情を考慮するための控除です。確定申告では、14種類の所得控除を受けることができます。

所得控除には、扶養家族控除、生命保険料控除、住宅ローン控除、配偶者控除などがあります。所得から所得控除を差し引いた金額に基づいて、支払う税金の計算をします。

所得税の金額は、所得控除を引いた金額に、一定の税率を乗じることで計算できます。

まとめ

確定申告を受けることで、様々な生活控除を受けることができるのです。

国民の義務である所得税を正しく納めるために大切な申告ですから、忘れないように申告しましょう。

もし会社で年末調整を受けているようであれば、確定申告を受ける必要はありません。

確定申告と聞くと分かりにくく感じますが、手順にそって申告書に記入し、控除の対象となる書類を提出すれば申告できます。

不明な点は、税務署で尋ねるか国税庁のホームページで確認してみましょう。

-冬の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.