女性ホルモン

女性ホルモンの乱れが不妊の原因?女性ホルモンを補う治療とは?

投稿日:

女性ホルモンは女性にとってとても大切なホルモンです。
精神的な健康や肉体的な健康、美容や感情にも大きな影響を与えていることが
既に多くの研究によって判明しています。

女性ホルモンは女性らしい体や思考を作り上げるだけではなく
妊娠することの出来る状態へと導いてくれるものです。

この女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと妊娠には
どのような影響を与えてしまうのでしょうか?

ここでは女性ホルモンと不妊治療について説明していきます。

スポンサーリンク

女性ホルモンと不妊の関係

結論から言えば、女性ホルモンの乱れは不妊の原因になります。
女性ホルモンと不妊について理解するためには
女性ホルモンと妊娠について理解することが大切です。

女性ホルモンには卵胞ホルモンと呼ばれるものと、
それから黄体ホルモンと呼ばれるものの2種類があります。

卵胞ホルモンは女性の体を女性らしくするホルモンで、
美容ホルモンと呼ばれることもあるホルモンです。
生理開始後から増え、排卵を前にその分泌量はピークに達し、
排卵後には分泌量が一気に減ってしまいます。

そして排卵後から生理開始前までは黄体ホルモンが働きます。
排卵後をピークに増え生理開始に向かい減少、生理が開始されると一気に分泌量が減ります。
黄体ホルモンは妊娠しやすい状態、また妊娠を継続しやすい状態へと
体の状態を変化させます。
黄体ホルモンが分泌されるのは12日から14日程度ですので、
黄体ホルモンが生理周期を決めている大切なホルモンと言うわけです。
文字にすると分かりにくいかもしれません。
女性ホルモンは2つのホルモンが増えたり減ったりと
波を描くように分泌されているのです。

黄体ホルモンが分泌されると体温が向上する仕組みを生かし
基礎体温表を作ることで、目に見えない女性ホルモンの動きをみることが出来ます。

一般的に健康な方であれば、ホルモンのバランスが正常に入れ替わりますので
基礎体温表は体温が低い時期と体温が高い時期の2層に分かれます。
また体温が高い高温期と呼ばれる時期は12日から14日続くことも分かっています。

しかし女性ホルモンのバランスや分泌量が正常ではない場合、
この基礎体温表は2層にはならなかったり、高温期が12日ないことになります。

女性ホルモンのバランスが乱れると、
卵子が成長できていなかったり子宮内膜が正常に厚くならず、
妊娠することが難しい状況になっていると言えます。

スポンサーリンク

女性ホルモンを整えるための治療

女性ホルモンが乱れていることが分かれば、
女性ホルモンを整えるための治療を行うことになります。

女性ホルモンの乱れは無月経であったり生理周期が極端に長かったり短かったりと
目立つトラブルがない場合には数か月分の基礎体温表をチェックした後で、
血液検査によってホルモンの数値を測定するのが一般的です。

なぜなら女性ホルモンはストレスによる影響を受けやすいですから、
ストレスによって乱れてしまっていることも十分に考えられるためです。

ホルモンバランスは生理周期に合わせて変動しますので、
生理周期に合わせて血液検査を行う必要があります。

女性ホルモンには2種類ありますので、
どんなホルモンがどれくらい足りていないのか調べる必要があります。

そしてそのホルモンが不足することで、
それがどのように体に影響を与えているのかチェックしてから治療が行われます。
具体的には排卵されているかどうかの確認や、
排卵されている場合には卵子の大きさが正常なものかどうかなどを検査するのです。

これらは生理周期に合わせてエコーで腹部を見るなどして
検査することになるものです。

検査結果を踏まえて、どのような治療が開始されるか決定するでしょう。
女性ホルモンの不足による不妊治療と言っても様々な治療方法があるわけです。

スポンサーリンク

女性ホルモンを補う治療方法の種類とは?

女性ホルモンに対する治療はたくさんの種類があります。
ここでは一般的な治療法を紹介します。

・排卵誘発剤
これは排卵障害が起きている場合に利用されます。
卵胞ホルモンの不足が原因の場合が多いです。

・hMG注射
卵胞ホルモンの不足により排卵障害が起きている場合で排卵誘発剤で効果の無い場合や
AIHを行う場合などに用いられます。

・プロゲステン注射
黄体ホルモンの不足を補うための注射です。
定期接種や妊娠の継続を助けるために行われることが多い注射です。

まとめ

女性ホルモンの不足は不妊を招いてしまいます。
女性ホルモンの不足は生理不順などを起こしやすいですが、
目には見えない場合も多いですので、
妊娠を望む場合は基礎体温表を作成し女性ホルモンの働きにも注目してください。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.