女性ホルモン

女性ホルモンのバランスが変化?女性ホルモンと年齢別の注意点とは?

投稿日:

女性ホルモンは女性を女性らしい体や思考に、
そして妊娠や出産に大きく関係しているホルモンです。

それだけではなく、女性の健康や美容にも
女性ホルモンが大きく関係していることが分かっています。

女性ホルモンは月経周期をコントロールし、
日々その分泌量に変化があることは知られていますが、
その分泌量は年齢とも関係していることも分かっています。

ここでは女性ホルモンと年齢の関係性について
分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

女性ホルモンの分泌量の推移

女性ホルモンの分泌量は年齢によって変化します。
女性は生まれたときから女性ホルモンを分泌していますが、
これは極わずかな量です。

それが10代の思春期を迎える少し前から増え始め、
20代で安定した量になり、
30代をピークに
40代から増え続けた女性ホルモンの量は低下し始め
50代では大きく下降していくと言われています。

子宮の発達を考えた場合では
妊娠するのに適しているのは20代前半だと言われていますが、
女性ホルモンのピークは30代だと言われていますので、
この事実に驚く方も多いです。

女性ホルモンのバランスは
20代から30代、特に30代ではその量も多いですので安定していると言われています。

女性ホルモンの分泌量は、
女性の美しさとも関係しますので
特に30代では女性の美しさが最もある時期だと言うことが出来るでしょう。
肌のハリやうるおいが安定する時期でもあるというわけです。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスの変化

女性ホルモンは多く分泌されれば多く分泌されただけ良いというわけではありません。
正常なホルモン分泌の範囲というものがあり、
その基準内で分泌されるのが最も好ましいことなのです。

女性ホルモンは10代から30代までゆるやかにその分泌量を向上させます。
この分泌量の変化はゆるやかであり、増えていくことになりますので
分泌量の変化で大きな体調の変化などは感じにくい時期です。

そして40代になると下降し始め
50代になると一気にその分泌量は下降してしまいますがこれは閉経が近づくことで
女性ホルモンのバランスが大きく変化するためです。

今まで緩やかに増えてきた女性ホルモンが一気に減少するため
体はそのバランスの変化についていけなくなることがあります。
これが更年期障害というもので、
個人差が大きく症状が強く出たりさらに症状が長引く人もいれば
ほとんど何も感じないという方もいます。

些細な変化を含めれば約8割の方が更年期に女性ホルモンのバランスの変化を
感じてしまうようです。

スポンサーリンク

女性ホルモンと年齢別の注意点

・10代の注意点
10代では月経が始まる時期ですので、女性ホルモンのバランスにも変化があります。
まだ女性ホルモンの働きが安定しないために肌荒れに悩んだり、月経周期の乱れが起こる可能性が高いです。

・20代の注意点
20代になると月経周期が整い、子宮も成熟しますので月経痛が改善されることが多いですが、子宮内膜症などのトラブルの場合は痛みが悪化してくる傾向にあります。

・30代では
出産を経験した女性の月経周期が乱れたままになってしまうトラブルが多いです。
産後1年また断乳後半年を経過しても月経が安定しない場合は注意して観察しましょう。

・40代
最近の40代は昔の40代と比べると非常に若々しいですが、
それでも女性ホルモンは低下し始める時期ですので、美容や健康には一層のケアが必要です。

・50代以降
日本では45歳から55歳までの間に閉経する女性が多く、50代ではほとんどの女性が閉経することになります。
これによって更年期障害が起きやすい時期ですので注意してください。

まとめ

女性ホルモンだけが年齢と共にその分泌量を低下させるわけではありません。
成長ホルモンなど多くのホルモンは年齢によって増減します。

そのため年齢によって女性ホルモンの分泌量が低下するのは自然なことです。
女性ホルモンの分泌量が変化することで起こりやすい体の変化を理解しておきましょう。
また女性ホルモンが乱れてしまった場合にはホルモン治療が行えますので、
女性ホルモンの分泌量の変化で体調に変化がある場合は無理する必要はありません。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.