女性ホルモン

女性ホルモンは豆乳で増える?大豆イソフラボンの効果とは?

投稿日:

少し前までネットなどに「豆乳には女性ホルモンを増やす作用がある」と書かれていたことがありましたね。

この話は果たして本当なのでしょうか?

女性ホルモンといえば、エストロゲンが思い浮かびますが、エストロゲンを増やす方法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

女性ホルモンには豆乳が含まれているの?

豆乳の成分や効果

豆乳には豊富なビタミン、抗酸化作用や抗酸化脂質のあるサポニン、そして大豆イソフラボンなど豊富な栄養素が含まれています。牛乳とよく似ていますが、成分は全然違いますよね。

牛乳は動物性タンパク質で吸収も早いですが、ビタミンや鉄などが少ないのです。対して豆乳は植物性タンパク質なので、吸収が穏やかで胃腸にも優しく、牛乳と比べてカルシウムなどが少ない代わりに、ビタミンや鉄分が多く女性にも好まれるのです。

豆乳に含まれるこの豊富なビタミンや大豆イソフラボンが、美肌効果や皮膚の保護効果、コラーゲンの生成、さらには血行促進なども期待でき、アンチエイジングの働きがあるのです。とっても魅力的ですよね。

エストロゲンの効果

対してエストロゲンの効果は、女性を美しく見せる作用があります。美肌効果、髪につやが出る、気力が充実してくるなどの効果があります。

エストロゲンは、生理が終わる前から排卵日までに多く分泌されるのですが(基礎体温でいうと、ちょうど低温期の頃です)、この頃に体調が良い女性が多いのもエストロゲンの効果なのです。

豆乳とエストロゲンの効果

さて、両者の働きをよく見比べてみると…結構同じ効果ですよね。

そう、「豆乳には女性ホルモンが含まれる」「豆乳を飲むと女性ホルモンが増える」という話が囁かれたのは、豆乳に含まれる大豆イソフラボンの働きがあるからです。大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きがあります。

だからといって、豆乳に女性ホルモンが含まれているわけではないのです。

スポンサーリンク

女性ホルモンを意識するなら、豆乳と上手に付き合おう

豆乳は飲みすぎに注意!

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た作用がありますので、摂り過ぎると生理不順の原因になってしまうそうです。

また、豆乳は基本的に体を冷やす飲み物です。女性の体に冷えは大敵なので、この観点から言っても飲み過ぎはあまりよくないですね。

さらに、豆乳は大豆で出来ていますので、妊娠中に大量に摂取すると赤ちゃんに大豆アレルギ ーがあらわれる可能性も否定出来ないのです。

何でもそうですが、体にいいからといって「摂り過ぎ、飲み過ぎ」は体のバランスを崩す原因になりかねません。

豆乳の一日の摂取量は?

1日200~400mlが適量と言われています。毎日飲み続けることで美容やアンチエイジングの効果も期待できます。

スポンサーリンク

女性ホルモンを増やすには?

女性ホルモンを増やすには、ずばり「ドキドキすること」です。

恋愛でもいいし、夫婦間でもいいし、好きなタレントでもいい…とにかく女性としてドキドキすることが、女性ホルモンを増やすいちばんの方法なのです。

おわりに

いかがでしたか?

豆乳には女性ホルモンを増やす働きはないのですが、豊富な栄養素がたくさん含まれています。

毎日適量を摂取することで、美容と健康に役立ちます。上手に摂取していつまでも若々しい体と心でいたいですよね。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.