女性ホルモン

女性ホルモンは生理周期に密接に関係?種類と体への影響?

投稿日:

生理と女性ホルモンは実に密接な関係にあります。女性ホルモンの影響で生理になる…と言い換えてもいいかも知れません。

月経周期における、女性ホルモンの働きや、女性の体や心に及ぼす影響についてご説明させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

女性ホルモンと生理の関係

生理のメカニズム

誰もが知っていることだと思いますが、生理のメカニズムを簡単におさらいしておきましょう。

女性は思春期になると、卵巣が発達し卵子が排卵されます。それに伴い、子宮の壁に子宮内膜が厚みを帯びてきます。子宮内膜は受精卵を迎える準備の為のものですね。

子宮内膜に受精卵が着床すると妊娠が成立しますが、着床しないと子宮内膜がはがれ落ちます。このはがれ落ちてくる子宮内膜が生理なのです。

女性ホルモンの種類

女性ホルモンは大きく2つあります。

1つは「エストロゲン」、そしてもう1つは「プロゲステロン」です。どちらも妊娠、出産に欠かせない女性特有のホルモンです。どちらも卵巣から分泌されます。

ざっくり言うと、エストロゲンは卵子や子宮内膜を育てるのに必要なホルモンで、プロゲステロンは妊娠を継続させるのに必要なホルモンです。

つまり、生理が始まる頃に分泌されるホルモンはエストロゲン、排卵され、生理が来るまでの期間に分泌されるホルモンがプロゲステロンというわけです。

 

また、女性の基礎体温は低温期と高温期があります。低温期に分泌されるホルモンがエストロゲン、高温期に分泌されるホルモンがプロゲステロンです。

同じ女性ホルモンですが、働きは全く違います。では、この2つのホルモンの違いはどういったものなのでしょうか?

スポンサーリンク

女性ホルモンの生理周期における役割とは?

エストロゲンの役割

エストロゲンは、生理が終わる頃から排卵日の直前により多く分泌されます。

女性が女性である為になくてはならないホルモンで、エストロゲンが多く分泌されている間は、肌や髪もつやつやになります。また、気力も充実させてくれます。

生理周期のこの時期には、体調がよい女性が多いのは、エストロゲンの作用のおかげなのです。

 

また、この時期はちょうど妊娠しやすい時期とも言えます。この時期にエストロゲンの作用で女性を綺麗に見せることによって、男性を受け入れようとしているのです。

エストロゲンは、卵巣で大きくなった卵子の排卵を促し、子宮内膜に厚みを持たせてくれる役割も担っています。排卵期のおりものも、エストロゲンの作用によってアルカリ性に変化します。アルカリ性に変化することにより、精子の受け入れを容易にするのです。

スポンサーリンク

プロゲステロンの役割

エストロゲンが卵子や子宮内膜に作用するのに対し、プロゲステロンは子宮内膜の維持や肥大に作用します。

排卵すると、卵子を包んでいた膜が黄体化します。この黄体から分泌されるホルモンがプロゲステロンで、別名「黄体ホルモン」とも言われています。

 

エストロゲンが女性を活き活きと見せてくれるのに対し、プロゲステロンは女性にとって悩みの種になることのあるホルモンです。

肌荒れや腹痛、腰痛、イライラなどのいわゆるPMS(月経前症候群)を引き起こすのが、このプロゲステロンの作用という専門家もいます。

ただし、プロゲステロンは受精卵が着床する為に必要不可欠なホルモンなのです。着床後には、赤ちゃんが成長するのを助けてくれる、重要な役割を担います。

 

おわりに

いかがでしたか?普段何気なく過ごしていますが、女性ホルモンは生理周期によって分泌に違いがあり、また働きも違います。体に及ぼす作用も違ってきます。

生理前にイライラする女性は多くいらっしゃいますが、これもホルモンの影響なのです。このことを覚えておくと、「ホルモンの関係でイライラしてしまうんだ」と割り切って考えられるようにもなります。

自分の生理周期と女性ホルモンの働きをよく把握しておき、快適に毎日を送れるといいですね。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.