女性ホルモン

女性ホルモンの分泌を促す食事とは?3つの栄養素が大切!

投稿日:

女性ホルモンの分泌を促せる栄養素ってあるの?と疑問を持たれるかも知れません。ですがちゃんとあるのです。

その栄養素を積極的に摂ったほうがいい理由もちゃんとあります。今からその栄養素や、具体的な食材についてご説明させて頂きます。

スポンサーリンク

食事で出したい美の女性ホルモン「エストロゲン」

エストロゲンの効果

女性ホルモンといえばエストロゲン!と言われるほど、女性なら一度は聞いたことのあるホルモンだと思います。

エストロゲンは別名「美のホルモン」といわれ、分泌が増えるとコラーゲンの量が増えて肌や髪につやや張りが出てきます。

 

また、腰回りやバストに程良い皮下脂肪を増やす働きがあり、女性らしい体付きになるのを促します。さらに、精神的にも穏やかになり、ふんわりと優しく女性らしい正確になると言われています。

まさに女性の味方であると言えますよね。

エストロゲンが必要とする栄養素

女性ホルモンに限らず、ホルモンと言えども「生き物」です。

生き物である以上、栄養素は必要不可欠であると言えるでしょう。栄養素は基本的に、自分では作ることが出来ません。よって、外から摂取するしかないのです。

 

女性の味方、エストロゲンが必要とする栄養素はズバリ「タンパク質」「ビタミンB1」「ビタミンB6」です。

タンパク質は血や肉を作る働きがありますよね。エストロゲンにも全く同じ作用があります。タンパク質はエストロゲンを作り出すのに必要な栄養素なのです。

次にビタミンB1です。エストロゲンを作り出すのは卵巣ですが、分泌の指令を出すのは「脳」です。

脳の主な栄養源はブドウ糖と言われていますが、そのブドウ糖をエネルギーに変えていく過程で消費されるのがビタミンB1なのです。ですので、ビタミンB1が不足しますと、脳からの指令を送る働きが弱くなってしまうのです。

 

ビタミンB6は神経伝達物質を作る時に使われる栄養素です。

脳にいくらパワーがあっても、それを伝える手段が足りないと、伝えることは難しくなってしまいますよね。

力があるのに、発揮出来ない…という感じになります。当然、エストロゲンの分泌どころではなくなってしまいます。

スポンサーリンク

食事で出したい女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を促す食品

タンパク質を効率よく摂ろう

タンパク質は、肉や魚、卵、大豆などに豊富に含まれていますよね。

ただ、効率よく摂るには動物性タンパク質がおすすめです。中でもなるべく赤いものだとなお良いですね。赤身のマグロや肉の赤身などです。

これらは、女性にとって大切な「鉄分」も豊富に含まれています。タンパク質や鉄も一緒に摂れるのでおすすめの食材です。

 

ただし、摂り過ぎに注意しましょう。タンパク質は、動物性、大豆などの植物性をバランス良く摂ることによって良質な栄養素を得ることが出来ます。

タンパク質はたくさん食べても意外に太らないので、出来るだけたくさん摂るようにしましょう。

ビタミンB1を豊富に含む食材は?

ビタミンB1を含む代表的な食材に、豚肉がありますね。

ビタミンは野菜に多く含まれていると思われがちですが、ビタミンB1に限っては豚肉にも多く含まれています。さらに、豚肉はタンパク質も豊富です。エストロゲンにはとても良い食材なのです。

また、ほうれん草やピーマンなど緑黄色野菜にも豊富に含まれています。

ビタミンB6を含む食材はこれ!

ビタミンB6はレバーやサンマ、マグロに多く含まれています。

さらにこれらもタンパク質や鉄分が豊富です。女性にとって強い味方である食材ですね。また、サツマイモやバナナにも多く含まれていますよ。

おわりに

いかがでしたか?

エストロゲンの分泌を促す栄養素がお分かり頂けたと思います。一見動物性タンパク質が多いですが、手っ取り早く摂れるのでご紹介しました。

ですが、栄養もホルモンも「バランス」が大切です。意識して多く摂るのは大切ですが、炭水化物などの他の栄養素も積極的に摂るように心がけるようにしましょう。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.