女性ホルモン

女性ホルモンが過剰分泌?女性ホルモン過剰を改善する習慣とは?

投稿日:

女性ホルモンの異常と言うと多くの方は、女性ホルモンの分泌量が不足していると思っているのではないでしょうか?

女性ホルモンは加齢とともに減少することから、このように誤解している方が多いのでしょう。しかし実際は女性ホルモンが過剰に分泌されることで、体に不調が起こっている可能性もあります。

女性ホルモンを向上させる方法は色々ありますが、女性ホルモンの分泌量を正常な範囲に安定させるために出来ることはあるのでしょうか?

ここでは女性ホルモンの過剰分泌について説明していきます。

スポンサーリンク

女性ホルモンは分泌量が変化しやすい

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類のホルモンがあります。この2つは互いに増減を繰り返すことによって女性ホルモンはバランスを保っています。

女性ホルモンは月経周期をコントロールするためにも重要で、月経周期に合わせて日々その分泌量は増減しています。

月経周期は28日の方であれば、28日の周期に合わせてホルモンの分泌量は変化を繰り返すということです。

一方男性ホルモンは日々その分泌量が変化するということはありません。微量の変化はあるものの、女性ホルモンのように日々分泌量が変わるわけではありません。

毎日その分泌量が変化していく女性ホルモンは、一定の分泌量であるその他のホルモンと比べても、バランスを崩してしまいやすいことが分かっています。

ただ理解しておいてほしいのは、正常に分泌されている女性ホルモンの場合でも、日々その分泌量は変化しているということです。

スポンサーリンク

女性ホルモンが過剰分泌されるとどうなる?

女性ホルモンが減少してしまうと、体は大きな影響を受けます。この逆で女性ホルモンが過剰分泌されることでも、体は大きな影響を受けてしまいます。

女性ホルモン過剰分泌によって引き起こされる症状

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 月経異常
  • 無排卵
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 不妊
  • 疲れ
  • 睡眠障害
  • 性欲減少
  • PMS

女性ホルモンの過剰分泌と言っても、女性ホルモンは1つではありませんので、どのホルモンが多く分泌されているのかによって症状は変わります。また女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つですが、より細かく分類することも出来、それによっても症状が変化します。

女性ホルモン分泌過剰の場合には女性ホルモンの不足によって引き起こされる症状同様に、大きな変化をもたらすものですので注意が必要です。

特に子宮内膜症や子宮筋腫は、症状がある場合であっても病院に行くほどではないな、と思って病院に行かないでおくと、知らないうちに悪化している女性が多いと言われていますので、上記に挙げた症状があれば、早めに病院での診察を受けましょう。

スポンサーリンク

女性ホルモン過剰を改善する習慣

女性ホルモン過剰分泌は、ホルモンのバランスの乱れが引き起こしていると言われています。対策としては女性ホルモンの不足を改善するための方法と同様で、食事や睡眠を十分に行い、ストレスを軽減させた生活を送ることになります。

気を付けて欲しいのは、女性ホルモンの不足だと自己判断でサプリメントを利用してしまうことです。

サプリメントはあくまで補助食品ですので大きな影響はないと言われていますが、女性ホルモンは元々、一生のうちに分泌される量もティースプーン程度のものです。念のため、サプリを使用して問題ないか、医者の判断を仰いだほうがいいでしょう。

女性ホルモンの量を低下させる食べ物はありませんので、分泌過剰な場合では生活習慣を意識することが自分自身で行えるケアになります。

 

おわりに

昨今、女性ホルモンを積極的に向上させる、大豆イソフラボンのような女性ホルモンに似た働きをする成分が注目を浴びています。

確かに女性ホルモンは年齢が進むにつれて減少しますので、積極的に向上させることは間違いではありません。しかし、女性ホルモンが過剰分泌されることがあることを理解し、それによって起こる不調を知って理解しておくことは大事です。

なお、女性ホルモンの過剰分泌は婦人科にて治療を受けることも必要な場合があります。

何か気になる症状がある場合には、ホルモン検査を受けて、自分の体の状態を自分自身で確認しましょう。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.