女性ホルモン

女性ホルモンを増やす食べ物、減らす食べ物を知っていますか?

投稿日:

女性ホルモンを増やす食べ物、逆に減らしてしまう食べ物があるのをご存知ですか?

栄養に偏りがあるのは良くありませんが、ここでは女性ホルモンの分泌を増やす食べ物をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

食べ物で増やしたい女性ホルモンの種類

エストロゲンとは?

ネットなどで「女性ホルモン」と検索すると、必ずと言っていいほどエストロゲンがヒットします。エストロゲンは別名「美のホルモン」と呼ばれています。

エストロゲンが多く分泌される時期は、エストロゲンに含まれるコラーゲンのおかげで、肌や髪につやが出てきます。化粧のりも良くなって、気分もいいですよね。

また、バストや腰回りに適度な脂肪を付ける働きがあるので、女性らしい体付きになりますし、精神的にも安定し活き活きと過ごせます。まさに女性にとっては嬉しいホルモンですよね。

生理周期でいうと、ちょうど生理開始頃から排卵日頃までに多く分泌されます。この時期に体調が良い女性が多いのは、エストロゲンのおかげといっても良いでしょう。また、エストロゲンには卵胞を育てて排卵を促したり、子宮内膜を厚くする働きもあります。

 

 

スポンサーリンク

プロゲステロンとは?

プロゲステロンは別名「黄体ホルモン」「妊娠ホルモン」と呼ばれています。

「黄体ホルモン」は排卵後に卵巣に残る卵胞が、黄体化し分泌されるためこの別名がつきました。生理周期でいうと、排卵後から生理開始頃に多く分泌されます。

プロゲステロンは女性の体に様々な不調をもたらす場合があります。胃腸の働きが悪くなるので、胃痛や胃もたれ、便秘や下痢などの症状が出やすくなります。また、下腹痛や腰痛なども起こりやすくなります。精神的にもイライラしがちになってしまいます。

女性にとってはつらい期間ですが、プロゲステロンは子宮内膜を維持し受精卵が着床するのを助ける働きがあるため、妊娠するにはとても重要なホルモンです。頑張って乗り越えたいものですね。

<大人の女性としてキレイが気になる♪>

女性ホルモン「エストロゲン」を増やす食べ物、減らす食べ物

エストロゲンを増やす食べ物の代表は「大豆製品」です。

これは、大豆に含まれる「大豆イソフラボン」がエストロゲンと似た働きをするためです。毎日でも食べたいですね。納豆や豆腐、味噌汁など調理法をアレンジして積極的に食べましょう。

また、ビタミンB6が豊富に含まれているキャベツやバナナなどもエストロゲンの分泌を増やします。

逆に、エストロゲンを減らしてしまう食べ物はアブラナ科の野菜(ブロッコリーやカリフラワーなど)、きのこ、柑橘類などです。摂り過ぎには注意したいですね。

増やす食べ物、減らす食べ物

妊娠するために大切な役割を担うプロゲステロンを増やす栄養素は、ビタミンEとビタミンCです。

どちらも抗酸化作用があり、その効果を高めあう性質があります。

  • ビタミンE:青魚(さんまやいわしなど)、かぼちゃ、豆乳やナッツ類などに多く含まれています。豆乳はエストロゲンの分泌も助けてくれますので一石二鳥ですね。
  • ビタミンC:柑橘類の果物などに多く含まれています。

プロゲステロンを減らしてしまうのは添加物が多い食べ物(カップラーメンやコンビニのお弁当)です。便利ですが、くれぐれも食べ過ぎないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

参考 女性ホルモンを整えるために効果的な4つの食べ物とは?

参考 女性ホルモンの分泌を促す食材?大豆製品とビタミン類が鍵!

参考 女性ホルモンのサプリ!知っておきたいメリット・デメリット!

 

 

おわりに

いかがでしたか?

2つの女性ホルモンを増やす食べ物、減らしてしまう食べ物がお分かり頂けましたか?

ただし、いくら女性ホルモンが増えるからと食べ過ぎ、摂り過ぎは要注意です。ホルモンはバランスが大事であるように、栄養素もバランスが大事なのです。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.