女性ホルモン

女性ホルモンの効果は?エストロゲン、プロゲステロンの効果

投稿日:

女性ホルモンは大きく分けて、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンがあります。こ

の2つは心身にもたらす症状も、生殖機能においての働きも全く違います。いまからご説明させて頂きますね。

女性ホルモンの効果:エストロゲンの効果

エストロゲンは「美のホルモン」

女性ホルモンと言えば「エストロゲン」ですよね。ネットでも「女性ホルモン」で検索すると、エストロゲンが必ず出てきます。

それは、エストロゲンが別名「美のホルモン」と言われているからでしょう。

エストロゲンが多く分泌されている間は、エストロゲンに含まれるコラーゲンのおかげで、肌や髪につやが出てきます。化粧のりもよくなり、髪のまとまりもよいです。また、乳腺を発達させる役割があるのでバストがよい感じにふっくらとしてきます。

精神的にも安定し、活き活きと過ごすことが出来ます。女性にとってはまさに味方に付けたいホルモンですよね。

スポンサーリンク

エストロゲンが多く分泌される時期

生理周期で言いますと、エストロゲンが多く分泌される時期は「卵胞期」と呼ばれる時期です。生理開始頃から排卵日頃までの間で、この時期は体調の良い女性が多いですね。

生殖機能の働きとしては、卵胞を育て排卵を促したり、子宮内膜に厚みを持たせたりします。
その理由は、前述しましたように、女性らしさが全面に現れる時期でもあり、そして何といっても精神的に安定するのでとても気分が良いのです。

新しく何かを始めるのにも適している時期とも言えますね。

エストロゲンは男性をも惹きつける効果が?

エストロゲンが分泌されている時は、女性らしさが全面にあらわれます。それはまるで一種のフェロモンのようだとも言われています。

生殖機能の観点から見てみますと、エストロゲンが多く分泌される卵胞期は、ちょうど妊娠しやすい時期でもあります。男性を惹きつける効果があると言われているのも何だか納得ですよね。

エストロゲンは多すぎてもダメ

エストロゲンは、皮下脂肪を増やす働きがあります。分泌が多すぎると、当然太りやすくなってしまいます。また、ホルモンバランスを崩す原因となります。

スポンサーリンク

女性ホルモンの効果:プロゲステロンの効果

プロゲステロンは「黄体ホルモン」「妊娠ホルモン」

女性ホルモンは、エストロゲンの他に「プロゲステロン」があります。

排卵後に卵巣に残った卵胞が黄体化して、そこから分泌されるため「黄体ホルモン」と呼ばれたり、まるで妊娠中のような症状が出たりすることから「妊娠ホルモン」とも呼ばれています。

プロゲステロンが多く分泌される時期

プロゲステロンは、生理周期で言いますと黄体期と呼ばれる時期に多く分泌されます。排卵後から生理開始頃にあたりますね。

基礎体温を上げたり、子宮内膜の厚みを維持したり、受精卵が着床するのを助けたりする働きがあります。

プロゲステロンは体に不調が起こりやすい

エストロゲンが女性にとって快適なホルモンであるのに対し、プロゲステロンは様々な不調をもたらします。

胃腸の働きが悪くなるので、胃痛や胃もたれ、便秘や下痢などの症状が出ます。また下腹痛や腰痛、頭痛などの症状が出ることがあります。眠気を感じる人もいるでしょう。

また、精神的にもイライラしがちです。

プロゲステロンは仮の妊娠期間と言える時期でもあります。受精卵が着床するのを待つ大切な期間ですので、不調に対処しながら乗り越えるしかありません。

プロゲステロンが不足すると不妊の原因になる

プロゲステロンの分泌が減少すると、子宮内膜を維持する働きが弱くなるため、受精卵が着床しにくくなり、不妊の原因になることがあります。

おわりに

いかがでしたか?

エストロゲンやプロゲステロンの効果がお分かり頂けたと思います。どちらも女性にとっては大切なホルモンです。

この2つの女性ホルモンは絶妙なバランスで成り立っています。規則正しい生活や食事に気を付け、ホルモンが正しく分泌されるように心がけたいですね。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.