女性ホルモン

女性ホルモンの乱れを感じたら?4つの原因と対処法!

投稿日:

ホルモンバランスの乱れが原因で、体に様々な不調が起こる…このような話を聞かれたことがあると思います。

ですが、そもそもホルモンの乱れとは何なのでしょうか?

またその原因や体にあらわれる具体的な症状はどのようなものなのでしょうか?

今からご説明させて頂きます。

スポンサーリンク

女性ホルモンの乱れってどういうこと?

「生理前だから、ホルモンが乱れてイライラする」「ホルモンが乱れて肌の調子が悪いかも…」巷では、よく「ホルモンの乱れ」という言葉が使われていますよね。

そもそもホルモンの乱れとはどのような状態なのでしょうか?

女性の場合、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが存在します。この2つのホルモンのバランスが乱れている状態のことを「ホルモンの乱れ」と現す場合が多いようですね。

女性ホルモンはどうやって分泌されているの?

女性ホルモンの分泌自体は卵巣からですが、分泌を命令しているのは脳の「視床下部」という器官です。その命令を受けた「下垂体」が分泌を促しています。

この一連のやり取りが上手くいっている状態は「ホルモンのバランスが取れている状態」と言えるでしょう。

女性ホルモンの乱れはなぜ起きるの?

女性ホルモンはとても繊細です。

体調や精神状態で分泌量が容易に左右されます。それによって、ホルモンの分泌量が変わることでバランスが乱れたり、加齢によってホルモンの分泌自体が減少するとホルモンバランスは乱れることになります。

特に脳の視床下部は、ストレスの影響を強く受けやすい器官になっています。脳からの命令が出せない状態になってしまうのです。

スポンサーリンク

ホルモンバランスが乱れる要因とは?

生活習慣の乱れ

不規則な生活、睡眠不足はホルモンバランスが乱れる大きな原因となります。

それは、不規則な生活を続けることで自律神経が乱れてしまうからです。自律神経が乱れると、ホルモンバランスも崩れます。

栄養不足

ここでの栄養不足とは、「お腹が空いているのに食べ物がない」ということではありません。

栄養バランスを考えず、食べたいものだけ食べたり食品添加物が多いものばかり食べたり、塩分が多いものを食べたりしていると、ホルモンバランスが乱れる要因となります。

もちろん、体にも様々な不調が出てきます。

過度なダイエット

あまりに過度なダイエットは、月経不順の原因になることがあります。

月経異常の原因はホルモンが分泌されていないことにあります。ダイエットは3食きちんと食べ、運動をする方法が良いでしょう。

過度なストレス

前述しましたが、ストレスは視床下部に影響を与えます。

脳から「ホルモンを分泌して!」という命令が出しにくくなるため、当然ホルモンバランスは乱れるのです。自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

ちなみに、全くストレスがなく毎日だらだらと過ごすのもいけません。人間は、適度なストレッサー(ストレスとなる原因)も必要なのです。

スポンサーリンク

ホルモンバランスが乱れることで起こる体の不調とは?

疲れやすくなる、急に太ったり、また急に痩せる、ニキビなどの肌トラブルが中々治らない、抜け毛が増える、また逆に体毛が増える、生理周期に関係なくイライラするなどの症状があらわれたら、もしかするとホルモンバランスの乱れが原因かも知れません。

早めに婦人科に行かれるようにしましょう。

おわりに

いかがでしたか?

たかがホルモンの乱れといえど、体に出る症状は意外と辛いものなのです。

また、ちょっとした生活習慣や食事、ストレスなどで乱れたりします。風邪でもないのに体の不調が続いたら、まずは生活や食事を見直しましょう。

それでも改善しない場合は、早めに病院を受診して下さいね。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.