女性ホルモン

女性ホルモンで病気に?バランスが崩れてかかる3つの病気!

投稿日:

女性ホルモンは、それぞれが適切な量を分泌することによってバランスを保っています。

どちらかの分泌が少なくなったり多くなったりすると、様々な不調が起こりやすくなります。

ここでは、女性ホルモンが原因の病気をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

病気になりやすい女性ホルモンの種類

エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンと呼ばれるホルモンには、エストロゲンとプロゲステロン2種類があります。

生理周期で言いますと、エストロゲンは生理開始頃から排卵日頃の卵胞期に、プロゲステロンは排卵日頃から生理開始までの黄体期に多く分泌されます。

ホルモンバランスは崩れやすい

エストロゲンとプロゲステロンは絶妙なバランスを取ることで、女性の体を支えています。

しかし、ホルモンは生活習慣や食事、ストレスの影響などで容易にバランスが崩れてしまうのです。ホルモンバランスが崩れることで、様々な症状があらわれ、酷くなると治療が必要になる場合もあります。

スポンサーリンク

女性ホルモンで病気になるのは、女性ホルモンバランスの崩れ?

不妊症

不妊症の原因は、実に多岐に渡り、また原因が複数あることから一概にホルモンバランスのみが原因とは言い切れません。

しかし、エストロゲンの分泌が少ないと卵胞が育ちにくくなったり子宮内膜が厚くなりにくくなったりします。

また、排卵日頃に女性の膣はアルカリ性に変化し、子宮頸管粘液の分泌が増え精子を受け入れやすくする働きがありますが、エストロゲンの分泌が少ないと、この働きが弱くなってしまいます。

 

さらに、プロゲステロンの分泌が少ないと、子宮内膜を維持する働きが弱くなってしまい(黄体機能不全)不妊の原因となります。

ホルモンが原因とみとめられた場合、内服薬や注射、膣錠などでホルモン療法を行います。

月経異常

不妊症ともリンクしますが、ホルモンバランスが崩れると、一般的な症状として卵胞が育ちにくくなり、排卵がされなくなるので生理がこなくなってしまうことがあります(無月経)。

また、何か月かに一度しか生理がこなくなる場合もあります。治療としては、内服薬や注射によるホルモン療法が中心です。

スポンサーリンク

子宮や卵巣の病気

エストロゲンの分泌が過剰になると、女性特有の病気になる確率が上がると言われています。すなわち、子宮がんや乳がん、子宮頸がんなどです。

がんは原因がはっきりとしていないので断言は出来ませんが、エストロゲンの分泌が関与しているのは間違いないだろうというのが専門家の考えのようです。

 

エストロゲンは「美のホルモン」と言われるように、分泌が増える時期の女性はとても調子が良いです。

女性が女性らしくあるためのホルモンで、最近はエストロゲンの分泌を増やそうと、色々な情報がネットに溢れています。勿論、分泌を増やすのは悪いことではありません。

しかし、闇雲に増やそうとするとホルモンバランスは崩れます。結果、最悪の場合、がんになってしまう可能性もゼロではないということです。

 

大げさかも知れませんが可能性がある以上は、是非気を付けたいものです。

がんは早期発見が大切です。特に女性特有のがんは、自覚症状が少ないのが特徴ですので、定期的ながん検診を受けたいものですね。

おわりに

いかがでしたか?

ここでは、エストロゲンやプロゲステロンの2種類の女性ホルモンに限った病気を紹介しましたが、女性の体に関係のあるホルモンは他にもたくさんあります。

そのホルモンが複雑に絡み合ってバランスを取ることで、女性の体は維持されています。日頃から自分の体調に気を付けることが大切なのです。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.