女性ホルモン

女性ホルモンの変化であらわれる体の症状とは?

投稿日:

女性の体は、ホルモンに支配されているといっても過言ではありません。

ちょっと大げさなんじゃない?と思われるかも知れませんが、たかがホルモンと軽く見ないことが大切です。

今から、女性のホルモンの変化についてご説明させて頂きます。

女性ホルモンの変化で影響を受けるエストロゲンとプロゲステロン

エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンは大きく分けて2つあります。「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。

エストロゲンはネットでも検索するとよくヒットするので、知っている人も多いと思います。いわゆる「美のホルモン」で、女性が女性らしくあるために必要なホルモンです。

プロゲステロンは別名「黄体ホルモン」「妊娠ホルモン」とも言われ、妊娠に必要なホルモンであると言えますね。

どちらも女性にとっては、大切なホルモンなのです。

エストロゲンの役割や体にあらわれる症状

エストロゲンは、生理周期でいいますと、ちょうど卵胞期と言われる時期に多く分泌されます。生理開始頃から排卵日頃まで特に多く分泌されます。

この時期、多くの女性はエストロゲンの影響で快適に過ごせます。というのも、エストロゲンはコラーゲンなどの分泌を助けるため、肌や髪のつやが出てきますし、また精神を安定させる作用があるので心穏やかに過ごせるのです。まさに女性らしさが全面にあらわれる時期といってもいいでしょう。

ただし、エストロゲンは皮下脂肪を増やす働きもあります。大豆製品やザクロなどの過度な摂り過ぎはホルモンバランスを崩しかねません。また、太りやすくもなってしまいます。

エストロゲンは、卵胞の成長を助け、子宮内膜を厚くしていきます。妊娠に備える準備期間の為のホルモンと言ってもいいかも知れませんね。

プロゲステロンの役割や体にあらわれる症状

プロゲステロンは、生理周期で言いますと、排卵日頃から生理開始頃まで分泌されます。この時期、個人差はありますが体に不快な症状があらわれる女性が多いです。

プロゲステロンは、妊娠に備えて体に水分をためこむ作用があります。また、胃腸の働きが悪くなるので、胃痛や胃もたれ、便秘や下痢などの症状があらわれることがあります。生理前特有の下腹痛や腰痛なども、プロゲステロンの影響もあるのです。

プロゲステロンが分泌されている間は、「仮の妊娠期間」と言う人もいます。まるで妊娠中のように体がだるく感じられる人もいるからです。

しかし、プロゲステロンは子宮内膜を維持し、受精卵が着床するのを助ける大切なホルモンなのです。

スポンサーリンク

女性ホルモンの変化の中で、更年期障害は、ホルモンバランスの崩れから起こる

更年期障害になると、イライラや不眠、頭痛など様々な不快症状があらわれます。

これはエストロゲンやプロゲステロンの分泌が減少することによる、ホルモンバランスの崩れが原因です。

更年期になると、エストロゲンは全く分泌されないわけではなく、減少するだけです。エストロゲンの分泌が減少すると上記のような症状が強く出る為に、エストロゲンを補充するホルモン療法がおこなわれます。

思春期はエストロゲンの分泌から

思春期になりますと、女児の体はエストロゲンの分泌が始まり、卵胞が育ち排卵され、生理が始まります。エストロゲンは皮下脂肪を増やし、胸の発達も促しますのでこのような変化が思春期にあらわれるのも納得ですよね。

スポンサーリンク

女性ホルモンの変化は女性の人生に連動

上記のことから分かりますように、女性の体や心は、ホルモンの変化によって支配されているといってもいいでしょう。

生理周期のある1か月の間ももちろんのこと、思春期の始まりから更年期に至るまで、変化の激しい女性ホルモンと上手に付き合っていくことが、毎日を快適に過ごすカギのひとつなのかなと思います。

おわりに

いかがでしたか?

女性は常にホルモンの変化によって、体や心の調子が違ってきます。ホルモンは何といってもバランスが大事。

規則正しい生活や食事に気を付けて、ホルモンバランスを崩されることのないよう注意したいですね。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.