女性ホルモン

女性ホルモン(エストロゲン)で胸を大きくする3つのポイント!

投稿日:

「理想のバストになりたいけど、もう今からでは無理?」と思っているあなた、20歳を超えても、女性ホルモンを味方に付け、分泌を促すことで胸を大きくする方法はあるのです。

取り掛かりが若ければ若いほど効果も高いものです。

それは一体どんな方法なのでしょうか?

スポンサーリンク

女性ホルモン、エストロゲンの働きと胸の成長の関係は?

女性の体は女性ホルモンの変化とともにある

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンは生理周期で言いますと、ちょうど卵胞期と呼ばれる時期に多く分泌されます。

生理開始頃から排卵日頃ですね。この時期の女性は、肌の調子や髪のつやもよく、精神的にも活き活きとかつ安定しています。これは、エストロゲンの恩恵といってもいいでしょう。

また、卵巣内の卵胞を育て子宮内膜に厚みをもたせて、排卵を促します。思春期を迎えた女児はエストロゲンが分泌されることにより、排卵されることによって生理が始まります。

さらに、更年期を迎えると、エストロゲンの分泌は急激に減少し、閉経します。このように、女性の体は女性ホルモンによって、変化していくのです。

エストロゲンの分泌で胸が大きくなる?

胸が成長し始めるのは、思春期です。エストロゲンは乳腺の発達や皮下脂肪を増やす働きがある為、女児のから女性の体へと変化していきます。

思春期に胸が大きくなり始めるということは、このタイミングで規則正しい生活や食事に気を付けないと胸の発達が阻害されてしまうというデータがあります。

 

特に影響があるのが「睡眠」です。思春期は成長期とも言われていますよね。そう呼ばれているように、思春期は子どもから大人になる為の大切な時期です。

この時期に十分な睡眠、質の良い睡眠を取ることによって、エストロゲンの分泌がスムーズになり、結果胸が大きくなるのです。

 

実際に、この時期に不規則な生活を送っていた女児と、部活などをして適度に疲れ、夜にきちんと寝るという生活を送っていた女児の胸のカップを比べると、明らかに後者のほうがカップが大きいというデータもあります。

胸の発達は、エストロゲンの影響は確かにあるようですね。

スポンサーリンク

胸の大きさは遺伝もある

思春期に規則正しい生活を送っていたのに胸が小さい…という人もいます。胸の発達はエストロゲンの影響もありますが、遺伝的な影響もまた同じくらいあるのです。

しかし、大人になってから「胸を大きくしたい!」という女性はたくさんいますよね。エストロゲンを味方につけることによって、胸が大きくなるかも知れません。今からその方法をご紹介したいと思います。

女性ホルモン「エストロゲン」を味方につけ、胸を大きくする方法とは?

20代を超えても胸は大きくなるの?

胸があまり大きくならないまま20代を迎えた場合、これから大きくするのには個人差がありますが、努力が必要です。まずは生活習慣を変えることから始めましょう。

質の良い睡眠を

エストロゲンの分泌を促すには、まず睡眠をしっかり取ることが大切です。

睡眠は脳を休ませるためのものです。エストロゲンは卵巣から分泌されますが、その指令を出すのは脳です。脳が十分に働かないとホルモンの分泌は阻害されます。

できれば22時から2時の間は熟睡しているようにして、7~8時間の睡眠を取るのが理想的です。

スポンサーリンク

十分なタンパク質を摂る

タンパク質はエストロゲンにとって重要な栄養素です。魚や肉などの動物性タンパク質や、大豆などの植物性タンパク質をたくさん摂りましょう。

脳をだます

これは意外に有効な手段です。

理想の胸の写真などを見ながら「これは私の胸」と言い聞かせ、脳をだまし続けると、脳がだまされてその胸に近づいていくのです。毎日続けていると、少しづつ効果が出てくるでしょう。

ちなみに、胸の前で手を合わせるなどの方法は、胸筋を鍛えるためのものです。胸の大きさは乳腺と脂肪によるものなので、この方法はあまり意味はないと思います。

やはりエストロゲンの分泌を増やすのが、胸の成長には手っ取り早いのです。

おわりに

いかがでしたか?

胸の発達は遺伝が影響しているとは言え、エストロゲンの分泌が関係していることも無視してはなりません。「どうせ親も胸が小さいから、私も小さいままだし…」と諦める必要はないと思います。

この3つのポイントを実行するだけで、少しずつ変わってくると思いますよ。女性ホルモン、エストロゲンの力を借りて、バストアップを目指しましょう!

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.