女性ホルモン

女性ホルモンのバランスが崩れるとどうなる?原因は?

投稿日:

女性ホルモンは女性にとってなくてはならないホルモンです。

生殖年齢の女性は、ホルモンのおかげで健康に生活出来ているといっても過言ではないでしょう。

女性ホルモンの種類やホルモンバランスが崩れるメカニズム、またホルモンバランスが崩れることによって起こる症状についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

バランスを整えたい女性ホルモンの種類

「美のホルモン」エストロゲン

女性ホルモンといえば、エストロゲンが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

エストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれ、分泌が多くなると肌や髪の調子が良くなったり、バストが美しくなったり精神的にも安定するなど女性にとって嬉しいホルモンです。

エストロゲンは、生理開始頃から排卵日頃に多く分泌されます。この時期に体調が良い女性も多いと思いますが、これはエストロゲンのおかげといってもいいのです。

「黄体ホルモン」プロゲステロン

排卵後から生理開始頃までに分泌されるプロゲステロンは、別名「黄体ホルモン」と呼ばれています。

この時期は体が何ともだるい、お腹の調子が悪い、何だかイライラするなどの不快症状があらわれることが多いです。エストロゲンが女性にとって嬉しいホルモンであるのに対し、プロゲステロンは女性の体に様々な不調をもたらします。

しかし、プロゲステロンは子宮内膜を維持し、受精卵が着床するのを助ける働きがあります。妊娠するにはとても大切なホルモンなのです。

スポンサーリンク

「女性ホルモンバランスが崩れる」とは?その原因は?

女性ホルモンバランスが崩れている状態とは?

よく「ホルモンバランスが崩れたら~になる」などのフレーズがありますよね。では、実際にホルモンバランスが崩れるというのは、どんな状態になっているのでしょうか?

女性ホルモンは、脳の視床下部がホルモン分泌の指令を出し、脳下垂体がその指令を卵巣に伝え、卵巣から女性ホルモンが分泌されるといった流れになっています。

そのいずれかの働きが弱くなると、それぞれの連携が取れなくなりホルモンの分泌が上手くいかなくなります。これがホルモンバランスが崩れている状態となります。

女性ホルモンバランスが崩れる原因は?

ホルモンバランスが崩れる原因は、生活習慣や食事の乱れ、睡眠不足、過度なストレスなどです。

特に脳の視床下部はストレスの影響を受けやすいのです。ストレスがあると、体調がどうにも優れないのは視床下部に元気がないかとも言えます。

また、生活習慣や食事などはよく聞く文言ですよね。そう、女性ホルモンはちょっとしたことで容易に崩れてしまうのです。正常な分泌を保つのは、実は結構大変なことなのです。

スポンサーリンク

女性ホルモンのバランスが崩れるとどうなるの?

肌荒れ、皮膚トラブル

女性ホルモンが安定しないと、皮脂の量も安定しなくなります。よって肌トラブルに悩まされることが多くなります。

自律神経の乱れ

これは最も多い症状でしょう。女性ホルモンが正常に分泌されている、イコール自律神経が正常に機能していると言ってもいいのです。

ホルモンバランスが崩れると自律神経も乱れますので、体に様々な不調があらわれます。頭痛や胃痛、便秘、下痢、ほてり、倦怠感、吐き気、不眠…症状は実に多岐にわたります。

「自律神経失調症」という疾患を聞いたことがあると思いますが、まさにこの状態なのです。交感神経と副交感神経のバランスが取れず、上記のような症状があらわれます。

精神的に不安定になる

自律神経の乱れにも起因する部分がありますが、ホルモンバランスが崩れると精神的にも不安定になりがちです。酷くなると不眠やうつ病などの精神疾患にもなり兼ねないのです。

 

おわりに

いかがでしたか?

ホルモンバランスの崩れが、いかに心身に影響を与えるのかがお分かり頂けたと思います。大げさに思われるかも知れませんが、女性ホルモンも生き物です。

生き物に元気がないと、調子が崩れるのは至極当然だと思います。規則正しい生活や食事、またストレスをこまめに解消するように心掛け、ホルモンを正常に分泌出来るように調子を整えたいものですね。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.