女性ホルモン

女性ホルモンにはアロマがいい理由とは?5つのおすすめアロマ

投稿日:

使用すると、その香りで私たちを癒してくれるアロマ。

実は女性ホルモンの分泌に効果的なアロマがあるのをご存知でしたか?

ここでは、女性ホルモンの分泌に効果的かつ、比較的使いやすいアロマをご紹介したいと思います。

 

アロマで分泌したい女性ホルモンのメカニズム

エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

「エストロゲン」は生理開始頃から排卵日頃に多く分泌されます。この時期は体調の良い女性が多いと思います。これはエストロゲンのおかげといってもいいでしょう。

と言いますのも、エストロゲンが多く分泌されている期間は、肌や髪のつやも良くなり、バストや腰回りに適度な脂肪がつき女性らしい体付きになります。また、精神的にも安定する時期です。

 

一方、プロゲステロンは排卵後から生理開始頃に多く分泌されるホルモンで、女性の体に様々な不調をもたらします。

生理前症候群(PMS)はプロゲステロンが原因であるという専門家もいます。しかし、プロゲステロンは、いわば妊娠のためのホルモンです。女性にとっては大切なホルモンなのです。

女性ホルモンは崩れやすい

エストロゲンとプロゲステロン、この2つのホルモンはバランスを保ちながら女性の健康を維持しています。

しかし、この2つのホルモンはちょっとしたことで崩れやすいものなのです。

女性ホルモンは視床下部が分泌するよう指令を出し、脳下垂体が命令をして卵巣から分泌されています。この連携が成り立たなくなるとホルモンバランスが崩れてしまうのです。

 

特に視床下部はストレスに非常に敏感な器官です。逆に言いますと、ストレスフリーな生活をしていればホルモンバランスは滅多に崩れることはないのです。

しかし、このストレスフリーの状態を維持するとなるととても大変なのです。

スポンサーリンク

アロマが女性ホルモンにいいわけとは?

アロマの香りは、その高いリラックス効果で多くの人に愛されています。

アロマは女性ホルモンの分泌に効果的です。その理由は「リラックス効果をもたらすことで、ストレス解消につながる」からです。

前述したように、女性ホルモンは視床下部に支配されているといってもいいでしょう。視床下部はストレスに弱いので、アロマを使用することでリラックスし、それがストレス解消に繋がり、視床下部をもリラックス出来るというわけです。

女性ホルモンにおすすめのアロマ

アロマは、単体で使用したりブレンドして使用する場合があります。

また、精油であったりお香タイプのものもありますね。ここでは、単体のもので、より効果の高い精油タイプのものをご紹介します。

ローズ

女性に人気のあるアロマです。

ローズには女性ホルモンの調整をする働きがあります。また、肌の調子を整えてくれます。さらにイライラや不安感を押さえるセロトニンの分泌を助けます。

ネロリ

花のアロマです。交感神経を鎮める作用があるので、安眠が期待できます。

また、イライラしている時、憂鬱な気分の時に使用すると安心感を与えてくれますよ。どちらかというと、黄体期(排卵後から生理開始頃)に向いているアロマですね。

クラリセージ

クラリセージには、エストロゲンとよく似た「スクラレオール」という成分が含まれています。

また、下腹痛や腰痛、イライラなどのPMSの緩和にも期待できます。また、エストロゲンと似た作用があるため、更年期障害の緩和にも使用できます。

イランイラン

女性ホルモン分泌を調整し、リラックス効果を高めてくれます。また、美肌効果もあるのでお風呂に数滴垂らして使用するのが効果的です。

ゼラニウム

女性ホルモンの分泌を調整し、明るい気分にさせてくれる効果があります。

 

おわりに

いかがでしたか?

少しですが、女性ホルモンの分泌に効果的なアロマをご紹介させて頂きました。

ただ、アロマは妊娠中、特に妊娠初期は使用しないほうがよいものもあります。基本的には、妊娠中は柑橘系以外のものは使用しないほうがいいでしょう。

そこだけ留意すれば、アロマは貴方の人生の大きな助けとなってくれるでしょう。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.