女性ホルモン

女性ホルモンを活性化したい!エストロゲンの活性化の鍵とは?

投稿日:

女性ホルモンの分泌が増えると、女性らしく美しくなれる…そう思う女性は多いと思います。そしてホルモンの分泌を増やそうと努力されている人もいるかも知れません。

しかし、闇雲に増やせばいいというわけではないのです。

今から女性ホルモンを上手に活性化させる方法についてご説明させて頂きます。

スポンサーリンク

活性化したい女性ホルモンの種類

エストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンは、大きく分けて2つのホルモンがあります。「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。

エストロゲンは、主に卵胞期に多く分泌されるホルモンで、別名「美のホルモン」と言われています。その名の通り、エストロゲンが多く分泌されている間は、肌や髪の調子も良く、精神的にも安定しており、女性らしさが際立つ時期でもあります。

ネットで「女性ホルモン」と検索すると、必ずこのエストロゲンがヒットします。これもエストロゲンが美のホルモンであるが所以でしょうね。

 

対してプロゲステロンは、黄体期に分泌されるホルモンで、別名「黄体ホルモン」「妊娠ホルモン」と呼ばれます。

プロゲステロンが分泌される時期は、何となくだるかったり、胃腸の調子が悪かったりと体に様々な不調があらわれることがあります。また、精神的にもイライラしがちです。

しかし、プロゲステロンは女性が妊娠する上でとても大切なホルモンです。上手く付き合いたいものですね。

女性ホルモンの分泌を促すには?

美のホルモン、エストロゲン。私たち女性に様々な恩恵をもたらしてくれるホルモンです。

エストロゲンに限らずですが、ホルモンの分泌を促すには、規則正しい生活や食事に気を付ける、そしてストレスをためないことがいちばんの近道です。

まずはそこを押さえておいて下さいね。

スポンサーリンク

女性ホルモン「エストロゲン」を活性化させるには、頑張り過ぎない

エストロゲンの分泌が増える過ぎることであらわれる症状とは?

エストロゲンは、美のホルモンとしてあまりに有名です。分泌を増やそうと努力する人も多いと思います。しかし、エストロゲンは増えすぎてもいけないのです。

エストロゲンは、皮下脂肪を増やす働きがあるため、分泌が増えすぎると太りやすくなります。また、乳がんや子宮がんになるリスクが上がる恐れがあります。さらに、髪の毛が薄くなりやすいという報告もあるのです。

あくまでもエストロゲンとプロゲステロンのバランスが大事なのです。

エストロゲンの分泌量は決まっている?

女性の一生のうち、エストロゲンが分泌される量は、わずかティースプーン1杯程度です。

個人差はありますが、大体12歳ぐらいから50歳ぐらいまで分泌されます。20~30歳代が分泌のピークで、その後は徐々に分泌の量が減っていきます。

その人によって、エストロゲンの分泌量はある程度決まっていると言えます。

エストロゲンを増やそうと頑張り過ぎないことが、活性化への近道

よく「エストロゲンを増やすには恋をするのがいい」と言われますよね。

これは確かに事実なのですが、無理に恋をしてもエストロゲンの分泌が劇的に増えるわけではないのです。むしろ逆にストレスになることでしょう。

恋をする気分でない時は、好きな映画を観たり、自然に触れたり、好きなキャラクターなどを傍に置いておくなどすればよいと思います。要するに、自分がリラックス出来ることをするのがいちばんなのです。

スポンサーリンク

女性ホルモンはバランスを取ることで活性化する

女性の体は実に絶妙なホルモンの分泌によって維持されています。

エストロゲンが美のホルモンだからと、大豆を摂り過ぎたりザクロを飲み過ぎたりして分泌が増えすぎると、当然他のホルモンのバランスが崩れてきます。

実は特に何もしなくても、生活や食事、睡眠にさえ気を付けていれば女性ホルモンは活性化されるのです。しかし、この生活を維持するのがいちばん大変なのです。

おわりに

いかがでしたか?

女性ホルモンの活性化には無理やり増やそうと頑張るのではなく、あくまで自然に、毎日の生活に気を付けることが大切だとお分かり頂けたと思います。

極論ですが、人間も動物のうちです。体の自然な働きを壊そうとするのは良くないことなのです。

 

 

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.