女性ホルモン

女性ホルモンで太る?プロゲステロンとエストロゲンが原因?

投稿日:

女性は生理周期によって分泌されるホルモンの種類が違います。逆に言いますと、分泌されるホルモンによって生理周期が決まっているということになります。

実はこの女性ホルモンによって、太りやすい体質になったり太りにくい体質になったりすることをご存知でしたか?

これから女性ホルモンと太ることの関係について見ていきましょう。

スポンサーリンク

女性ホルモンで太るのは、プロゲステロン分泌中

エストロゲンは別名「美人ホルモン」

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

生理周期でいうと次の通りです。

  • 生理開始頃から排卵日頃までに多く分泌されるホルモンがエストロゲン
  • 排卵日から生理開始頃までに多く分泌されるホルモンがプロゲステロン

女性ホルモンといえばエストロゲンを思い浮かべる人が多いかも知れませんが、それは「エストロゲンは美人ホルモン」と言われているからなのです。エストロゲンが多く分泌されると、肌や髪の状態もよくなり、精神的にも充実した気分になります。エストロゲンは女性らしさを促すホルモンなのです。

プロゲステロンは別名「黄体ホルモン」

エストロゲンが美人ホルモンであるのに対し、プロゲステロンは「黄体ホルモン」と呼ばれています。排卵した後に残る卵胞が黄体に変化して分泌されるためこの呼び名がついたようです。

プロゲステロンが分泌される間は、肌の調子も何となく悪くなり、精神的にもイライラしがちです。酷い人だと下腹痛や腰痛、頭痛、胃痛に悩まされます。

生理前に何となくイライラしたり体の調子が悪いのは、このプロゲステロンが原因といってもいいかも知れません。

プロゲステロンが太る原因になる理由

プロゲステロンはもう一つ別名があります。それは「妊娠ホルモン」です。妊娠するとプロゲステロンが大量に分泌されるようになるからです。

プロゲステロンの分泌で

  • 妊娠に備えて水分を体にため込もうとする働きがあるため、胃や大腸の働きが悪くなるので便秘がちになる
  • 皮下脂肪を増やす働きがあるため、ダイエットの効果が出にくい

となります。これが、「プロゲステロンは太る」と言われる理由なのです。 

<大人の女性としてキレイが気になる♪>

女性ホルモンで太るのは、エストロゲンの過剰分泌

エストロゲンが多く分泌されることで太る理由

エストロゲンは確かに女性を美しく見せてくれるホルモンです。さらに内臓脂肪を分解する働きもあるので痩せやすいのです。

しかし、エストロゲンが過剰分泌されても太る原因になることがあります。なぜならエストロゲンが多く分泌され過ぎると、脂肪細胞が活性化してしまうため太ってしまうのです。

エストロゲンの過剰分泌でプロゲステロンが分泌されにくくなる

エストロゲンが多く分泌され過ぎると、ホルモンバランスが崩れてプロゲステロンの分泌を抑止してしまうことがあります。

一見、女性の体に負担がかかりがちなプロゲステロンですが、分泌が減ってしまうと妊娠が難しくなってしまうのです。さらにエストロゲンの過剰分泌を引き起こし、さらに太りやすくなってしまう悪循環になるのです。

 

 

おわりに

いかがでしたか?プロゲステロンが分泌されている間は太りやすくなります。逆に美のホルモンと言われるエストロゲンが多すぎても太ります。

ということは、ホルモンはやはりバランスが大切なのです。女性ホルモンはどちらもなくてはならないホルモンです。バランスが崩れると、太りやすくなってしまうだけでなく体に様々な不調を引き起こします。

日々の生活に気を付けて、ホルモンバランスを維持していきたいですね。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.