春の行事

父の日に贈るお義父さんへのメッセージの書き方のコツとは?

更新日:

父の日に似顔絵

6月の第3日曜は「父の日」ですね。

母の日の盛り上がりに比べると、ちょっと影が薄い感じがする父の日ですが普段お世話になっているお義父さんへの感謝の気持ちを伝える良い機会ですので、プレゼントと一緒にメッセージを贈ってみませんか?

でも、お義母さんとは関わりがある人は多くても、お義父さんとなると普段から滅多に会話もしないという人も多いことでしょう。

仏頂面で、会話もあまりしてくれないお義父さんは、まるで自分たちには興味がないように見えます。

でも、お義父さんは口には出しませんが、ちゃんと私たちのことを見てくれているんですよ。

そんなお義父さんに、父の日のプレゼントと一緒に普段は伝えられない気持ちを込めたメッセージを贈ってあげたらお義父さんはきっと喜んでくれるハズです。

 

お義父さんへのメッセージを書くコツ

お義父さんと深く関わりあいがある人は意外に少ないもので、メッセージを書こうにも何を書いていいのか分からないものです。

父の日に贈るメッセージは簡単なもので構いません。

何も思いつかなければ、

・お父さんにはいつも心配をおかけして申し訳ありません、これからも見守っていてくださいね。

・お仕事に忙しいお父さん、健康に気を付けていつまでも元気でいてくださいね。

こういったメッセージでも良いですが、せっかく父の日に贈るのだから、あなた自身が、お義父さんがいてくれて良かったなと思うことを素直にメッセージに込めてみると良いでしょう。

「お義父さんへのメッセージを書く時の注意点」

お義父さんへのメッセージを書くときに注意しておいてほしい点があります。

・お義父さんではなく、お父さんと書く

・メッセージは夫婦連名にする

・手書きでメッセージを書く

・普段から感謝している事をメッセージに込める

・遠方で付き合いがないお義父さんへは家族の近況報告でも良い

 

お義父さんというと、どこか他人のような印象を受けてしまいますので「お父さん」の方が良いですね。

メッセージを書く上で、手書きであるということはメッセージをもらった方もうれしくなりますし、何より気持ちが伝わります。

お義父さんが遠方に住んでいて、普段から付き合いがあまりない場合は旦那さんや子どもの様子を伝えてあげるといいでしょう。

私が義父へ贈ったメッセージ

私の場合を例にとってみると、私のお義父さんも普段は私たち夫婦のことに口を出すことはないのですが、ある時、夫婦で大喧嘩をして家を出て行ったとき、お義父さんが実家に連絡をしてくれて両家共に話し合いの場を設けてくれました。

お義父さんは私たちの悪いところをズバズバ言い当てて、お互いに気づかいが足りていないという事を厳しく指摘してくれました。

その時に初めて、お義父さんは私たちのことをこんなにしっかりと見ていてくれたんだと感謝したものです。

なので、その年の父の日にはお義父さんへこんなメッセージを贈りました。

・お義父さんいつも私たちを見守ってくれてありがとうございます。

私と○○さん(旦那の名前)が今も仲良く暮らしていられるのはあの時、お義父さんが私たちの間を取り持ってくれたおかげです。

お義父さんが言ってくれたことは今も心に残っています。

これからもお義父さんにはいろいろと心配をかけてしまうかもしれませんが、どうかよろしくお願いします。

といった内容のメッセージを贈りました。

素直にお義父さんに感じている感謝の気持ちをメッセージに込めたという感じですね。

あなたにも何かお義父さんへ感謝を感じていることはありませんか?

その感謝の気持ちを素直にメッセージに添えるだけで良いのです。

まとめ

お義父さんへ贈る父の日のメッセージを書く時のコツをまとめましょう。

  • 普段から感じている感謝を素直にメッセージに込める
  • お義父さんではなく、お父さんと書く
  • メッセージは手書きで書く
  • 遠方で普段の付き合いがあまりない場合は家族の近況報告でもよい

 

お義父さんは私たちが思っている以上に、私たちのことを気にかけ、心配してくれています。

言葉には出さない気づかいに、こちらがちゃんと応えることでより一層お義父さんとの関係を良いものにしていってくださいね。

-春の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.