眠気覚まし

強烈な睡魔を解消したい!仕事中に出来る5つの眠気対策とは?

更新日:

shutterstock_226292485
仕事中、午後からあくびが止まらない・・集中力が欠けるほどの睡魔に襲われて困っている方はさぞかし多い事でしょう。

大事な会議が控えている、お客様先に連絡しなければいけない、営業で運転する・・といった「眠ってはいけない時間」にその睡魔は忍び寄ります。

そこで今回は、仕事中でも出来る強烈な睡魔を解消する方法をご紹介させていただきます。

 

体を使った対策方法!

簡単に、そして人目を気にすることなく出来る眠気対策方法をご紹介させていただきます。

 

息を止める!

大きく息を吸って限界まで息を止めてみましょう。「もうダメだ!」というところまできたら、一気に息を吐き出しましょう。そして深呼吸をすること。脳へ血流が一気に流れ、酸素を送りこみますのでスッキリとします。

※決して倒れるほどまで息を止めないこと。窒息に注意です。

 

手を「グー・パー」10回ほど繰り返す!

グーは思い切り握って、パーは限界まで開きましょう。徐々に頭が冴えてきます。

 

軽いストレッチを行う!

腕を伸ばしたり、背筋を伸ばしたり、簡単なストレッチで構いません。激しいストレッチは逆に疲れを引き起こします。ストレッチする際は深呼吸が基本です。

ストレス解消にも繋がるので頭も心もすっきりしてくるでしょう。

 

ツボを押す!

眠気覚ましのツボを押しましょう。簡単で手軽に出来るのでオススメ。

・百会(ひゃくえ)→脳天にあるツボ。鼻からと両耳からの直線上が交わる部分になります。
ゆっくりと上から圧をかけるように押しましょう。

・清明(せいめい)→目頭の少し上にあるツボ。正面からゆっくりとまっすぐ押します。
間違って眼球を押してしまわないように注意が必要。

・中衝(ちゅうしょう)→手の中指の人さし指側の爪の生え際2~3ミリのところにあるツボ。反対の手の人さし指と親指で挟み、グリグリと回したり押したりしてみましょう。

・労宮(ろうきゅう)→手のひらの真ん中、中指と薬指の先端が当たる場所にあるツボ。反対の手の親指などでグーッと強めに押しましょう。

・合谷(ごうこく)→手の親指の付け根と人さし指の付け根の骨が重なる部分で人さし指側にあるツボ。反対の手の親指で人さし指の骨の下側に指をもぐりこませるような感覚で押しましょう。

 

耳を思いきり引っ張る!

耳たぶを下方向や斜め後ろ、斜め前方向に思いきり引っ張ります。大体1~2分ほどで良いでしょう。眠気が覚めるほかに顔のリフトアップや集中力向上にも繋がる画期的な方法です。

 

事前にカフェインを摂取しておく!

やはり眠気には「カフェイン」!脳を覚醒する作用があるのですが、効果が表れるまでに時間を要します。その時間は個人差もありますが平均大体30分から1時間。

会議がある、運転をしなければいけない、という時間帯を見計らってカフェインを摂取しておきましょう。

カフェインといえばコーヒーのイメージですが、カフェインを含んだ飲み物は多くあります。

  • ココア
  • 緑茶
  • 紅茶
  • コーラ

 

しかし、カフェイン量は少なめです。杯数を多めにすればカフェイン摂取量も増えますが、その分トイレが近くなるので、1杯でカフェインを多めに摂りたいところです。

オススメはエスプレッソコーヒー、玉露緑茶です。他の飲み物が1杯150mlあたりのカフェイン量30mg~50mgに比べて、140~150mgと3倍以上の多さだからです。

しかし、カフェインは耐性がついてしまうことや中毒を引き起こす可能性もあるので1日多くても300mgは摂取しないようにしましょう。

飲み物以外でもカフェインは摂取できます。

薬局などで売られている眠気覚ましの薬も「無水カフェイン」というものが主成分となっており、カフェインと同じ効果を得られます。コーヒー味などが多く、女性でも服用しやすいお薬で、錠剤タイプのものから液体タイプまであります。

トイレを気にしてしまう方には薬の方がオススメかもしれません。

 

簡単な方法で仕事中のイヤな睡魔を解消せよ

さて今回は仕事中に襲う、睡魔の解消方法をお伝えいたしました。

比較的、簡単で誰にでも試せる方法なので悩まれている方は騙されたと思って一度は試してみてくださいね!

-眠気覚まし

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.