妊娠線

妊娠線予防に効果的だった商品は?6人の経験者の口コミに見える共通点

更新日:

shutterstock_198414131

妊娠線予防には自分に合った方法を見つけることが一番効果的なのですが、経験者はどんな方法が妊娠線予防に良かったかや妊娠線ができてしまったとしたらどんな風にできてしまったのか気になりますよね?

そんな妊娠線予防に関しての口コミをご紹介します。経験者の口コミから自分の適した妊娠線予防をしていきたいですね。

 

妊娠線予防でしてよかったこと

20代 1人目の出産

初めての妊娠で妊娠線のことを知らなかったのですが、7ヶ月たった頃に初めて妊娠線のことを知りました

幸いまだ妊娠線が出ておらず、助産師さんからオススメされたクリームを朝晩塗るようにしました。元々乾燥肌で乾燥の時期には保湿用のクリームを塗っていたのですが、妊娠線予防クリームの保湿力の高さと伸びの良さに肌もすべすべになった感じがして使いづつけることができました。

産んだあと妊娠線ができていないか全身探しましたが、できていないようでホッとしました。助産師さんにオススメされたマッサージを併用しながら使ったのが良かったのかもしれません。

 

20代 2人目の出産

2人目は妊娠線ができやすいと聞いていたので、少し早いかと思いましたが妊娠が分かった頃から妊娠線予防オイルとクリームを使い始めました。

私が買ったものはオイルとクリームを一緒に塗ることでより保湿力がアップして効果が有るというものだったので、お風呂上がりにオイルでマッサージしてからクリームを塗って予防を心がけていました。おかげで妊娠線もできずに済みました

 

妊娠線予防したけどできてしまった

30代 2人目の出産

1人目を産んだときは妊娠線ができなかったからと油断していたのか、2人目を妊娠したときはバッチリ妊娠線ができてしまいました

つわりが終わった時期から妊娠線クリームを塗っていたのですがあまり肌に合わず、何個か試してみたものの使いやすいクリームを探すことがなかなかできませんでした。

やっと見つけたのは少々高価で塗るときケチってお腹だけを塗っていたのですが、その結果ふとももにできてしまいました。ケチらずにふとももまで塗っておけばよかったと後悔しています。

 

20代 1人目の出産

妊娠線という言葉すら知らず、妊娠中も特に異常がなかったのでいつもと同じように過ごしていたのですが、少々食べ過ぎだったのか体重がかなり増加してしまいました。

お医者さんから少し体重制限をされたのですが、とにかくお腹が空いて何かつねに食べていたような気がします。その結果妊娠線ができてしまいました。

最初は変な病気かと思い不安になったのですが、お医者さんに聞いて初めて妊娠線のことを知りました。それからできるだけ予防をしたのですが、できてしまった部分は未だに目立ちます。

 

専用クリームとの違い

30代 2人目の出産

保湿クリームには妊娠用以外にも多くの種類があり、最初は妊娠線予防にも使えると思って妊娠前から使っていたものを使っていました。

専用クリームは値段も少々高価ですから、ケチったのもあるのですが、お腹が大きくなるに連れて小さな赤い線がでてきてしまいました。妊娠線です。

急いで妊娠線予防の専用クリームを買って、これ以上広がらないようにと予防することにしました。

幸い最初にできた小さな線だけですんだのですが、ケチらず最初から購入していればと後悔しました。

 

20代 1人目の出産

敏感肌だったので、妊娠線ができないように専用クリームを購入しました。

一般の保湿クリームでは表面だけの保湿しかできないようで、妊娠線予防にはあまり効果がないと聞いていたので敏感肌でも使えるものを選ぶようにしました。

最初に買ったものは塗った後に痒くなってしまい、すぐ使用をやめたのですが、次に購入したものは肌にあっていたようでしっとりとした感じがよく使い続けることができました。

妊娠線はふとももに少しできてしまったのですが、思ったより範囲も狭くあまり目立たない程度なので使って良かったと思います。

 

まとめ

妊娠線予防には個人差もあるようですが、妊娠線予防クリームを使うと使わない場合に較べてできにくくなるようです

しかし中には出産後初めて妊娠線のことを知る人も少なくないようで、妊娠線ができてしまってから後悔する人も多く、早い時期から自分に合った妊娠線予防が効果的だと言えます。

-妊娠線

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.