シミ

シミそばかすに効く美白成分とは?メラニンによる違い!

投稿日:

そばかすは、遺伝的なものが原因で出てくるものと紫外線の影響や間違ったスキンケアが原因で出てくる後天的なものの2種類に分ける事ができます。
遺伝的が原因の場合でも、ケアを間違っていたり紫外線対策を怠ると後天的なそばかすができてしまい、さらにそばかすが増えたり濃くなったりするという場合も多くあります。

そのため、日頃からそばかすを増やさないためのケアというのが大切になってきます。
今はそばかすがないという人もケアを間違うと後天的なそばかすができてしまう事もあります。
そこでこのページでは、そばかすのケアに適した成分について少し詳しく見て行きたいと思います。

 

そばかすケアと美白成分

日常的なそばかす対策としては、紫外線対策と同時に美白成分が配合されたスキンケアアイテムを使用するという方法があります。
肝斑や老人性色素斑などに比べるとそばかすの場合は美白成分だけではなかなかシミが薄くなるという事はないとも言われています。
ただ、全く効果がないというわけではないので、日常的なケアとして美白成分配合のアイテムを用いてみるのもシミ対策の1つの方法と考えられます。

 

美白成分のあれこれ

一言で美白成分と言ってもいくつかの種類があります。また美白成分はその働きによって2種類に分ける事ができます。
まず1つは「メラニン還元作用」を持つ成分です。
これは、すでにできてしまっているそばかすに対して効果が期待できる成分です。

もう1つの作用は「メラニン生成抑制作用」です。
これは、そばかすの元になるメラニン色素が生成されないようにする働きをする成分を指します。
メラニン還元作用が強いとされている成分の代表は、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、抗酸化作用に優れた成分でアンチエイジングケアやニキビケアにもよく用いられる成分でもあります。

一方のメラニン生成抑制作用が期待できる成分には様々な種類があります。
ビタミンC誘導体は、メラニン還元作用と同時に抑制作用が期待できるとされています。
その他、代表的な成分としてはアルブチン、プラセンタエキス、トラネキサム酸、ルシノール、リノール酸などが挙げられます。

 

美白成分の選び方

このようにそばかす対策に効果が期待できる美白成分には様々な種類が存在しています。
抑制も還元も行うという点では、ビタミンC誘導体が最も優秀な成分だと考える事ができますが、それぞれの症状に併せてその他の成分も上手に取り入れる事でより高い効果を期待する事ができるでしょう。

現状ではさほどそばかすが多くはないという場合は、これ以上そばかすを増やさないために抑制作用の高い成分が配合されている美白アイテムを選ぶと良いでしょう。
また、すでにそばかすができてしまっていてなんとか薄くしたいという場合には、還元作用の高い成分が配合されているアイテムを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

最後にこれらの配合成分を選択する際に着目したいのが「医薬部外品」として認可されているかどうかという点です。
医薬部外品として認められるには厚生労働省の許可が必要となります。

つまりきちんとした審査を通過して選ばれた成分であるという証が医薬部外品という事になりますね。
こうした点に着目してスキンケアアイテムを選ぶという事も大切なポイントです。

ただし、医薬部外品は医薬品とは異なり、その効果が誰に対しても良い方向に出るとは限らないという点はよく理解しておきましょう。
肌質や体調によっては、肌にトラブルが起こる場合もありますので、できるだけお試しサイズや試供品などで使用感を確認してから利用する事をお薦めします。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.