ワセリン

ワセリンを髪に使う効果は?使い方や注意点のまとめ

投稿日:

・髪にワセリンを使うとどのような効果をもたらすのでしょうか。

基本的に肌に使われるワセリンですが、実はヘアケアにも役立ちます。髪の保湿だけでなくスタイリングや頭皮クレンジングなど…あらゆる用途に使えますよ。

ここではワセリンの使い方や注意点についてまとめました。

スポンサーリンク

基本ケアは髪の保湿や保護

油膜で髪をコーティングして水分が漏れださぬようワセリンを使えばケアできます。パサつきを防いでしっとりまとまる髪になりますよ。またドライヤーをかける前に使うと、熱から髪を守るのに役立つでしょう。ワセリンは髪の保湿や保護に重宝します。

 

ただワセリンを使うときは米粒1つ程度の量を手のひらや指に薄く伸ばしてから髪につけてください。ほんの少しだけつければOKです。たくさんつけすぎてしまうとベタつくので少量のみを使うのがベストでしょう。

 

薄くつける際のテクニックとしては手のひらに薄く伸ばしたワセリンにドライヤーをかけると油分が溶けだして髪になじませやすくなります。溶けたらすぐに髪につけるのがポイントです。ペースト状ではつけにくくてもオイル状なら均等に髪になじませやすくなるのでおすすめの方法ですよ。

 

一般の髪にも使えますが、特にパサつきが気になるダメージヘアや濡れている髪に使うと、水分蒸発を防いでうるおいをもたらすのでおすすめです。適切な水分量の髪の場合、逆にベタついてしまうおそれがあるので、個々の髪質に合わせて使うといいでしょう。

スポンサーリンク

ワセリンでスタイリング

スタイリングにワセリンを使えばさまざまなアレンジが楽しめます。特に向いているヘアスタイルはまとめ髪・タイトなショートヘア・パーマの濡れ髪感などを出したいときにおすすめですよ。髪の保湿や保護に使う場合よりも少し多めに使うのがポイントです。

 

髪の量や用途によって使用量が違ってきます。まずは米1粒の量から使うとつけすぎを防げるのでおすすめです。スプレーやワックスなどのスタイリング剤は市販品を購入するとそれなりの価格になりますが、ワセリンは安いのでおすすめです。ヘアケアはもちろん肌に使えるのもメリットでしょう。

 

また市販のスタイリング剤は界面活性剤や香料を使用しているため、敏感肌やアレルギー持ちの方が使用するとかぶれやかゆみを引き起こすこともあります。その点ワセリンは純粋なオイルなのでアレルギーの心配もありません。また香料も入っていないため、香水などのおしゃれを自由に楽しめるのも魅力でしょう。ヘアケアしながらスタイリングできて一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

頭皮クレンジングやマッサージもできてしまうワセリン

頭皮クレンジングやマッサージもワセリンが使えます。頭皮がベタついたり臭ったりするときは毛穴の汚れが詰まっている可能性が…。クレンジングすると皮脂や汚れをさっぱりさせ、すこやかな髪の健康を守るのに役立ちますよ。

 

指先にワセリンを取って頭皮に少しずつつけてなじませてください。このときもほんの少しの量をつけていくのがポイントです。あまり大量につけてしまうと落としにくくなってしまい無意味なのであくまでも薄く伸ばす程度にしてくださいね。

 

ついでにマッサージも行うと血行を促進して栄養が根元に行きわたり、美しい髪をキープします。全体につけたらやさしくマッサージしましょう。クレンジングついでに行えば一石二鳥でケアできますよ。ただ地肌を傷めないようにやさしく行うのがポイントです。

 

最後はワセリンを落とすためにオイルを使いましょう。ワセリンは油分なのでオイルと親和性がよく、しっかりなじみワセリンを浮き上がらせてスムーズに落とせますよ。シャンプーだけで落とすのは難しいので、せっけんで落とせるオリーブオイルなどを使うのがベストです。

 

まとめ

  • 少量のワセリンを使えば髪を保湿したりダメージから防いだりする
  • まとめ髪・タイトなショート・パーマのカールや濡れ髪感を出したいときにも!
  • 頭皮ケアもできるのが魅力

 

ワセリンを髪に使えば保湿に役立ちます。またドライヤーの熱のダメージから保護できるのが魅力でしょう。またアレンジヘアにも使えますし、頭皮ケアもできてしまうという…万能なオイルです。

共通して注意すべきは少量ずつ使うことなので、効果的に使いましょう。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.