ワセリン

ワセリンを顔に使うと得られるスキンケア効果!使い方や注意点のまとめ

投稿日:

ワセリンを顔に使うと、どのような効果が得られるのでしょうか?

 

肌トラブル時に医療機関で処方されるワセリンですが、保湿力が高いということを耳にしたことがある方もいるでしょう。また化粧品の成分としてボトルに表示されているのを目にした方もいるはずです。

ここではワセリンのスキンケア効果をはじめ、顔への使い方や注意点をまとめました

スポンサーリンク

ワセリンを使ったときのスキンケア効果

スキンケア効果が高いことで知られているワセリンの魅力は保湿力、肌バリア化の2点でしょう。

ワセリンの保湿力

ただ保湿と言っても角質層にうるおい成分を与えるような作用ではなく、あくまでも肌内部の水分を蒸発させないよう、フタ役として働くだけと解釈するのが正しいと言えます。

肌にワセリンを塗ると油膜でベールを作るので肌内の水分をとどめることができ、うるおいをキープできます。

ワセリンの肌バリア化

主にワセリンは敏感肌などの肌トラブルで医療機関を受診したときに処方されます。トラブルの原因の多くは肌バリア機能の低下ですが、ワセリンは油膜で肌を覆ってバリアの代わりをします。

さらに肌をダメージから守る作用も期待できるでしょう。ただラップのように封をする効果のみしか持ち合わせていないので、それ以外の効果は期待できません。

 

しかし特別な成分が入っていないワセリンだからこそ、敏感肌でも刺激を感じずに使える魅力もあります。また肌本来の機能を高めバリア機能の回復を促すのにも役立ち、根本的な肌トラブルの改善につなげられるでしょう。

スポンサーリンク

顔へのワセリンの使い方

日頃、スキンケアの最後に使うのがワセリンの基本的な使い方です。化粧品で与えた水分や美容成分を肌に閉じ込めるためのフタとしての役割を果たします。

肌から水分を蒸発させない作用に優れているので、効果的にお肌の手入れができるのが特徴でしょう。またあらゆる成分が刺激になってしまう敏感肌はワセリンのみのお手入れにすれば刺激なく安心して使えますよ。

 

いずれにしてもつけすぎは禁物で、適量はたった米一粒というほんの少しの量でOKです。ワセリンを手のひらと指につけて伸ばし、顔に軽く押さえる要領でつけましょう。

ペタペタ・ベタベタ・テカテカするのはNGなので注意し、あくまでも人間の皮脂と同じくらいの量を目安につけてください。それでも乾燥する場合はほんの少しの量を乾燥している場所に、同じ要領で重ねづけしましょう。

 

特殊な使い方でワセリンパックとして使う方もいます。

  • ワセリンを塗って入浴しスチームによって定着させる方法
  • 鼻の黒ずみが隠れるくらいワセリンを塗って一晩放置すると、すっきりキレイになる作用を得られる

 

ワセリンの保湿力は角質柔軟作用も持ち合わせているので、黒ずみもしっかり落ちると評判ですよ。

スポンサーリンク

ワセリンを使うときの注意点

とにかくワセリンはベタつきが激しいのでつけすぎに注意しましょう。顏のテカり・ベタつきを促進してしまう可能性があるので、ほんの少しを使うようにするのがベストです。

またつけすぎてしまうと角質層内の水分が抜けてしまい、結果的に乾燥をひどくしてしまうこともあるので薄く塗るのが大切です。

 

高純度が魅力であるワセリンは顔に使っても、万が一なめてしまっても安全です。ただ商品によっては精製度の低い商品も出回っていて、不純物による刺激を感じてしまうこともあるので注意しましょう。特に顔はデリケートですので白色ワセリンを精製した純度の高いプロペトを使うと安心です。

 

高純度のサンホワイト

プロペトをさらに精製したものがサンホワイトで、ワセリンの中でも高純度を誇っています。ただサンホワイトは医薬部外品となり健康保険が適用されないのでお値段は少々高めです。

 

プロペトと白色ワセリンは保険適用の対象となるので、安く購入できるのが魅力ですよ。値段と肌の両面から、どのワセリンが自分にとってベストなのかを検討して使いましょう。

 

まとめ

  • 肌を油膜で覆って水分蒸発を防ぐのがワセリンの基本的な作用
  • 敏感肌の保湿・肌バリア機能の回復に役立つ
  • ワセリンは少量使うと効果的
  • 肌にやさしいワセリンであるがより純度の高いプロペトやサンホワイトもある

 

ワセリンを顔に使って得られる効果は肌の水分の蒸発を防ぐだけでなく、敏感肌のスキンケアや肌バリア機能の回復にも役立ちます。不純物による刺激を感じてしまうこともあるので、自分の肌質に応じて高品質なプロペトなどを利用してもいいでしょう。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.