ワセリン

ワセリンをニキビに使う効果は?使い方や注意点まとめ

投稿日:

・ワセリンをニキビに使うとどのような効果を得られるのでしょうか?
・ワセリンは保湿に役立つと言われていますので「ニキビには洗顔でなく保湿?」

と疑問になる方もいるでしょう。ここではニキビへのワセリンの使い方をはじめ、注意点をまとめてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

ニキビができてしまうメカニズム

毛穴に皮脂が詰まってしまい取り出せない状況になってしまうとニキビができてしまいます。皮脂をエサにアクネ菌が大繁殖することで、赤ニキビ・黄ニキビと徐々にひどくなり治りにくくなってしまうでしょう。通常は「皮脂の過剰分泌=ニキビ」という考え方が浸透していますが、皮脂の過剰分泌だけでニキビができてしまうことはありません

 

確かに皮脂が少ない人よりも、大量に分泌される人のほうが毛穴を詰まらせてしまう可能性が高まります。しかし皮脂が毛穴に詰まって取れなくなってしまうことによってニキビは悪化するので、分泌量が問題とは言えないでしょう。あくまでも皮脂の過剰分泌はニキビができやすくなってしまうのであり、できてしまう原因は皮脂の毛穴詰まりだと心得ておきましょう。

スポンサーリンク

乾燥でニキビができてしまう理由

過剰な皮脂分泌が特徴である脂性肌はニキビができやすいのが特徴でしょう。しかし乾燥肌によってできてしまう方も多いのも見逃せません。肌は乾燥を察知するとなんとかうるおそうと、人間が本来持ち合わせている機能が働いて皮脂を大量分泌します。そして皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまうため、ニキビができやすくなってしまいます。

 

また肌が乾燥すると毛穴が柔軟性を失ってしまい、詰まった皮脂を洗顔で取り出せなくなってしまいます。できてしまった角栓が毛穴を詰まらせてしまうことでニキビができてしまいます。また古い角質が蓄積され毛穴の表面を覆ってしまうことでもできやすくなってしまうことから、乾燥肌はニキビの原因だと言えます。よって保湿できるワセリンがニキビケアに効果的なのです。

 

ワセリンの効果と使い方

肌の乾燥によって引き起こされてしまうニキビにワセリンを使えば水分蒸発を防いで、角質層のうるおいをキープすることができます。肌が十分にうるおっていればターンオーバーを正常に導くので古い角質の除去に役立つでしょう。よって毛穴に皮脂や角栓が詰まりにくくなり、ニキビをモトから断つように導きます。

 

基本的にワセリンは薄くつけるのがポイントです。ニキビケアのため、まずは洗顔を行い肌を清潔に保ちましょう。過剰に乾燥している場合は洗顔料なしでの洗顔を試してください。乾燥の原因はまず洗顔だと言われているので、試してみる価値はあるでしょう

 

その後、化粧水などで十分にうるおしましょう。ついで米粒1粒くらいの量のワセリンを手のひらに伸ばしてから顔に押さえるようにつけてください。あまり大量だとベタつきますし、毛穴を詰まらせてニキビを悪化させてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

ニキビに使うときの注意点

乾燥によるニキビケアに効果的なワセリンですが、赤ニキビや黄ニキビを悪化させてしまうおそれがあるので、炎症や化膿しているところに使わないようにしましょう。ワセリンは肌をラップで覆うような作用があるため、毛穴に詰まった皮脂やアクネ菌がふさがれてしまう可能性があります。

 

するとワセリンの皮脂をエサにアクネ菌が増殖し、さらに悪化するおそれがあるので赤ニキビや黄ニキビへの使用は避けたほうが無難です。基本的には白ニキビや黒ニキビなど悪化する前のものに使いましょう

 

また乾燥によって敏感に傾いているニキビ肌は、白色ワセリンに含まれている不純物によって刺激を感じてしまうこともあるかもしれません。商品によっては純度が低いものも出回っているので、もし刺激を感じるようなら白色ワセリンを高精製したプロペトがおすすめですよ。より高い純度を誇るので安心して使えます。

 

まとめ

  • ニキビにワセリンが利くのは乾燥が原因の場合のみ
  • ワセリンを使う前に十分な洗顔と化粧水によるスキンケアをしよう
  • 赤ニキビと黄ニキビにワセリンはNG。白ニキビと黒ニキビに使おう

現代では間違ったスキンケアで乾燥肌になっている女性が増えており「ニキビ=洗顔」という間違った知識によって乾燥を促進させているのがニキビ悪化の原因です。

ワセリンが効くのは乾燥による場合のみなので注意しましょう。正しく使って効果的にワセリンでニキビケアしましょう

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.