ワセリン

ワセリンの効果効能は?安全性や化粧品との違いをチェック

投稿日:

ワセリンの効果効能にはどのようなものがあるのでしょうか?

あらかじめ知っておけば肌トラブルやスキンケアで役立つでしょう。ワセリンの安全性やその他の化粧品との違いも知っておけば効果的に使えるはずです。

ワセリンの安全性やコスメとの違いを踏まえつつ、効果効能についてもご紹介しましょう。

スポンサーリンク

肌バリア機能回復の手助けをするのが最大の効能

基本的には肌表面を油膜で覆い水分の蒸発を防ぐワセリンですが、その先には肌バリア機能の回復を促す作用があります。

肌バリア機能とは肌内部の水分をキープしたり、紫外線や乾燥などの外的刺激から守ったりし、具体的には皮脂膜とうるおいで満たされた角質層を指します

 

間違ったスキンケアや乱れた生活習慣でバリア機能が低下すると、乾燥肌や敏感肌などのトラブルを招いてしまいます。バリア機能は外側与えた水分や内側から蒸発してきた水分をキャッチしてうるおいを保っていますが、機能が低下してしまうといくら外側から水分を与えてもすべて漏れ出てしまいます。よって肌の健康を取り戻すためには、まずバリア回復を促すのが重要でしょう。

 

ワセリンは美肌成分も何もないただの油膜ですが、肌につけると疑似バリアとなって一時的に肌を刺激から守ります。またスキンケア成分を持たないおかげで肌本来の力が回復し、バリア機能アップにも繋がりますよ。つまりワセリンは弱ってしまった肌を刺激から守りつつ、肌本来の力を回復するのに役立つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

乳液・クリームとワセリンの違いと使い方

乳液・クリームとワセリンは同じ油性タイプですので、化粧水後のフタ的な役割を果たします。肌トラブルのない方は乳液やクリームでもいいでしょうが、界面活性剤が含まれているため敏感肌には使えません。界面活性剤は水と油を混ぜるときにかかせないもので、あらゆる化粧品に配合されています。

 

ただお肌の刺激やトラブルを引き起こす可能性があるので、敏感肌の方は界面活性剤が含まれていない化粧品を使うのがベストでしょう。乳液やクリームに含まれている界面活性剤の量はほんの数%ですが、敏感肌の方にとっては刺激になってしまうおそれがあります。すると角質層をいっそう弱めてしまうので使わないほうが安心ですよ。よってワセリンのみのスキンケアがおすすめです。

 

健康な肌にとって乳液やクリームの界面活性剤の影響はほとんどないので、トラブルさえなければ使用しても問題ありません。むしろ使用感がいいので使いやすいはずです。またいつものスキンケアにプラス乾燥を感じる日のケアとして、乳液後の仕上げとしてワセリンを使ってもいいですし、乳液をワセリンに変えてしまってもOKです。使い方は万能なので肌の様子を見ながら使いましょう。

スポンサーリンク

ワセリンの安全性

肌内部の水分が蒸発しないよう油膜で保護するのにすぐれているワセリンですが、特別な効果を持ち合わせていないのが本当のところです。他の美容成分のように角質をうるおわせてお肌に変化を与えるようなことはなく、ただ蒸発を防ぐだけの働きしかしないのが特徴でしょう。逆に言えば特別な作用がないことから、副作用もなく安全だと言えます。

 

ただ白色ワセリンの中には精製度の低い商品が出回っているのも実情です。通常は高精製されていて安全に使用できますが、中にはワセリンの不純物によって赤味やかゆみをもたらし接触性皮膚炎を引き起こしてしまう方もいるので注意しましょう。

 

もし合わないのなら白色ワセリンを精製したプロペトがおすすめです。眼科レベルのケアに使用されるものなので、より安全性が高いと言えるでしょう。またプロペトをさらに精製したサンホワイトもあり、より純度が高くなっています。サンホワイトは医薬部外品ですが、白色ワセリンとプロペトは医療機関の処方箋によって保険適用になるので安く使えるのは魅力でしょう。自分の肌に合ったものを使えばより安全と言えます。

 

まとめ

  • ワセリン最大の効能は肌バリア機能の回復
  • 乳液やクリームよりもワセリンは安心して使えるのが魅力
  • ワセリンは基本的に安全だが、より精度の高いプロペトやサンホワイトはさらに安心

肌の水分蒸発を防ぐだけで直接的な作用がないワセリンですが、肌バリア機能の回復に役立つので非常に優秀だと言えるでしょう。また乳液やクリームに含まれている界面活性剤不使用で使えるのも魅力のひとつです。

基本的に低刺激、もしかゆみや赤みが出てしまったら、プロペトなどより純度が高いものを選べるのも魅力でしょう。よって自分のベストスキンケアをするのに役立ちますよ。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.